平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9996 サトー商会

 2012年11月09日15時00分


平成25年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成24年11月9日
上場会社名 株式会社サトー商会
コード番号 9996
URL http://www.satoh-web.co.jp/
代表者
(役職名) 代表取締役社長
問合せ先責任者 (役職名) 専務取締役管理本部長
四半期報告書提出予定日
平成24年11月13日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

上場取引所
(氏名) 玉根 裕
(氏名) 岡本 雄次郎
配当支払開始予定日

大 

TEL 022-236-5600
平成24年12月4日

(百万円未満切捨て)

1.  平成25年3月期第2四半期の連結業績(平成24年4月1日~平成24年9月30日)
(1) 連結経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

(注)包括利益

百万円



百万円



百万円



22,028
19,935

25年3月期第2四半期
24年3月期第2四半期



10.5
△8.7

549
352

55.7
△21.2

704
451

56.0
△11.7

518
250

107.2
△16.9

25年3月期第2四半期 510百万円 (110.4%)
24年3月期第2四半期 242百万円 (△11.0%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭

25年3月期第2四半期
24年3月期第2四半期

円銭

57.95
27.97




(2) 連結財政状態
総資産

純資産
百万円

25年3月期第2四半期
24年3月期
(参考) 自己資本  

自己資本比率

1株当たり純資産

百万円

28,047
27,328
25年3月期第2四半期  17,957百万円



17,957
17,554
24年3月期  17,554百万円

円銭

64.0
64.2

2,008.35
1,963.25

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

24年3月期
25年3月期
25年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



12.00
12.00

円銭

12.00

24.00






円銭

12.00

24.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無  :  無
3. 平成25年 3月期の連結業績予想(平成24年 4月 1日~平成25年 3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


百万円

通期
44,300
5.6
1,136
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無  :  無

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

5.5

1,274

1.2

838

21.3

93.72

※  注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  :  無
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  :  無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
  :  有
② ①以外の会計方針の変更
  :  無
③ 会計上の見積りの変更
  :  有
④ 修正再表示
  :  無
(注)「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第10条の5に該当するものであります。詳細は、添付資料P.3「2.サマリー情報(注
記事項)に関する事項(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。

(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

25年3月期2Q
25年3月期2Q
25年3月期2Q

9,152,640 株 24年3月期
211,092 株 24年3月期
8,941,532 株 24年3月期2Q

9,152,640 株
211,101 株
8,941,571 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく
四半期連結財務諸表に対するレビュー手続は終了しておりません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その
達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び
業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、添付資料P.3「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧
下さい。

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………

2

(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………

2

(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………

3

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………

3

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………

3

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………

3

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………

3

3.四半期連結財務諸表 …………

4

(1)四半期連結貸借対照表 …………

4

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………

6

四半期連結損益計算書

    

第2四半期連結累計期間 …………
四半期連結包括利益計算書

6
    

第2四半期連結累計期間 …………

7

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 …………

8

(4)継続企業の前提に関する注記 …………

10

(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

10

(6)セグメント情報等 …………

10

 

- 1 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間における東北の経済環境は、東日本大震災後の復興需要が拡大し始めましたが、その
効果は限られた地域や業界に留まっております。また、梅雨明け後の気温上昇や長引いた猛暑による需要の減少な
どもあり、景気の回復力は弱く復興需要の影響も限定的なものとなりつつあり、踊り場の局面が続いております。
当社グループを取り巻く環境は、徐々に復興に向けた動きがみられるものの、福島県においては原発事故による
影響の長期化が重なり、いまだ震災前の観光客数の水準には戻らず厳しい状況が続いております。
このような環境のもと当社グループは、営業基盤の強化とシェア拡大のため、栃木県下都賀郡壬生町に物流機能
を備えた営業所施設を建設中で、11月中旬に営業開始いたします。また、宮城県石巻市に小売店舗を建設中で10月
下旬、及び仙台市中心部一番町に今年度3店舗目の小売店舗を新設し、11月中旬に営業開始いたします。
この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高220億28百万円(前年同四半期比10.5%増)、営業利益5
億49百万円(同55.7%増)、経常利益7億4百万円(同56.0%増)、四半期純利益は、震災により本社倉庫・事務所
等の被害に対して施設復旧整備助成金などもあり、5億18百万円(同107.2%増)となりました。
セグメントの業績は次のとおりであります。
卸売業部門におきましては、昨年の東日本大震災にて、止む無く廃業等された得意先様を多く持つ沿岸部を除け
ば、ほぼ全業種にて前年、前々年を上回り、かつ、重点・底上げ得意先の深耕も比較的順調に進みました。業績拡
大が進んだ地域及び業種は、宮城県では製菓、外食部門、拠点においては岩手、北関東エリアが大きく業績拡大に
貢献致しました。下期におきましても業種別政策を強化するため、業態別の専門性の高い提案会を継続して実施し
てまいります。一方、得意先様の復興にお役に立つため、消費者ニーズに対応した商品開発、メニュー開発、売り
場づくりのご提案、また、「復興支援キャンペーン」を始めとした販売促進活動や調理技術の支援など、お客様と
一緒になり集客アップにも取り組んでまいりました。特に商品開発では「ジェフサブランド」「サトーブランド」
のオリジナル商品の商品開発を行い、同業他社との差別化戦略にも重点を置いた商品の提供に努めてまいりまし
た。
この結果、売上高192億29百万円(前年同四半期比11.9%増)、セグメント利益(営業利益)は5億99百万円(同
67.7%増)となりました。
小売業部門におきましては、昨年の東日本大震災から落ち着きを取り戻し、震災特需による反動と宮城・福島両
県産米の前年収穫量減少による品薄の影響もあり、一般の客数が減少となりました。一方、6月下旬に佐沼店を新
規オープンし、宮城県北部地域の飲食業者様へ利便性とサービス向上に努めてまいりました。また、石巻蛇田地区
で本格営業までの間、仮設店舗を設置することにより、震災による閉店でご迷惑をお掛けしていた石巻地域、及び
沿岸地域のお客様にお役に立つことが出来ました。その他の店舗におきましても、ダイレクトメールによる販売促
進活動や、冷凍素材品を中心とした新商品を積極的に投入したことにより、飲食業者様への売上高は前年同四半期
比で5%増と好調に推移しました。新店を除いた既存店における飲食業者様への売上高でも、前年同四半期比で
100.5%と推移しており、売上高を伸ばすことができましたが、新店の出店諸費用を計上したことにより営業利益
は前年を下回りました。
この結果、売上高は27億99百万円(前年同四半期比2.0%増)、セグメント利益(営業利益)は1億78百万円(同
15.1%減)となりました。
 
(2)連結財政状態に関する定性的情報
①資産、負債及び純資産の状況
(資産)
当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ7億18百万円増加し、280億47百万円となりま
した。これは主に、現金及び預金が11億86百万円、受取手形及び売掛金が2億63百万円、有形固定資産が3億75百万
円、投資有価証券が2億60百万円それぞれ増加し、有価証券が14億19百万円減少したことによるものであります。
(負債)
負債は、前連結会計年度末と比べ3億15百万円増加し、100億89百万円となりました。これは主に、支払手形及び
買掛金が6億23百万円増加し、未払法人税等が2億63百万円減少したことによるものであります。
(純資産)
純資産は、前連結会計年度末と比べ4億3百万円増加し、179億57百万円となりました。これは主に、四半期純利
益5億18百万円及び剰余金の配当1億7百万円によるものであります。
この結果、自己資本比率は64.0%(前連結会計年度末64.2%)となりました。

- 2 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

②キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比
べ17億13百万円減少し、53億75百万円(前年同四半期64億15百万円)となりました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は5億89百万円(前年同四半期4億95百万円の獲得)となりました。これは主に、税
金等調整前四半期純利益及び仕入債務の増加並びに法人税等の支払によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は21億95百万円(前年同四半期98百万円の獲得)となりました。これは主に、有価
証券及び投資有価証券の償還並びに有価証券、投資有価証券及び有形固定資産の取得によるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は1億7百万円(前年同四半期1億7百万円の使用)となりました。これは主に、配当
金の支出によるものであります。
(3)連結業績予想に関する定性的情報
  連結業績予想につきましては、平成24年5月11日の「平成24年3月期
結業績予測に変更はありません。
 

決算短信」で公表いたしました通期の連

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
  該当事項はありません。
 
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
  該当事項はありません。
 
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、第1四半期連結会計期間より、平成24年4月1日以後に取
得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
なお、これによる当第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益への影響は軽
微であります。

- 3 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

4.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券
商品
その他
貸倒引当金

当第2四半期連結会計期間
(平成24年9月30日)

789,366
5,304,729
8,519,500
1,462,886
602,022
△15,443
16,663,061

1,479,664
3,896,241
320,732
5,696,639

流動負債合計
固定負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他
固定負債合計
負債合計

- 4 -

31,230
182,919
12,970
227,120

9,774,280

資産合計
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
未払法人税等
賞与引当金
災害損失引当金
営業所閉鎖損失引当金
その他

8,120,736
580,000
239,300
311,398

20,000
591,241
9,862,676

28,231
194,470
13,287
235,989

固定資産合計

28,047,575

7,497,699
580,000
502,500
256,010
5,601
20,000
676,479
9,538,290

投資その他の資産合計

11,252,773

27,328,798

無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金

3,871,919
1,294,494
△39,975
5,126,437

10,665,736

有形固定資産合計

53,949

3,611,111
1,341,424
△45,198
4,907,337

固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
土地
その他(純額)

1,448,592
3,998,298
625,494
6,072,385

61,760

流動資産合計

1,975,676
5,568,487
7,100,000
1,657,250
509,916
△16,527
16,794,802

10,089,796

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(単位:千円)
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

当第2四半期連結会計期間
(平成24年9月30日)

1,405,800
1,441,725
14,964,895
△187,631
17,624,789
△70,270
△70,270

その他の包括利益累計額合計
純資産合計
負債純資産合計

- 5 -

17,957,778

27,328,798

その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金

△77,911
△77,911

17,554,518

株主資本合計

1,405,800
1,441,721
15,375,788
△187,619
18,035,690

28,047,575

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
売上高
売上原価

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

19,935,763
16,553,644
3,382,119

22,028,847
18,297,823
3,731,024

3,029,384

3,181,665

352,735

549,359

37,119
2,536
15,604
17,251

34,702
107,214

28,672
3,929
13,623

79,022
37,293
162,541

1,476
7,139
93
8,709

1,506
6,231
111
7,849

451,239

704,051

17,374
34,795


52,169



134,660
5,499
140,159


33,685
27,505
27,027
88,217

3,088


696
3,785

税金等調整前四半期純利益

415,191

840,425

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

190,760
△25,704
165,055

240,961
81,272
322,234

少数株主損益調整前四半期純利益

250,136

518,191

四半期純利益

250,136

518,191

売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
持分法による投資利益
雇用調整助成金
投資有価証券償還益
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
賃貸収入原価
その他
営業外費用合計
経常利益
特別利益
貸倒引当金戻入額
災害見舞金
補助金収入
その他
特別利益合計
特別損失
固定資産売却損
関係会社株式売却損
災害による損失
その他
特別損失合計

法人税等合計

- 6 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

250,136

518,191

△7,519
△7,519

△7,640
△7,640

四半期包括利益

242,617

510,550

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

242,617


510,550


その他の包括利益合計

- 7 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
災害損失引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
貸倒引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
持分法による投資損益(△は益)
災害損失
補助金収入
関係会社株式売却損益(△は益)
有形固定資産売却損益(△は益)
投資有価証券償還損益(△は益)
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
その他

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

415,191
135,949
6,902
△221,898
51,298
△34,460
△39,656
1,476
△15,604
27,505

33,685


△1,042,172
△361,874
1,374,229
202,572
533,144
45,317

△1,489
△63,937
△17,227
495,806

利息及び配当金の受取額
補助金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額
災害損失の支払額
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出
有価証券の取得による支出
有価証券の償還による収入
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
無形固定資産の取得による支出
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の償還による収入
長期預金の期日前払戻による収入
関係会社株式の売却による収入
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー

- 8 -

40,415
134,660
△1,525
△502,020

589,218


△1,000,000
1,000,000
△228,699

△734
△2,451

300,000
9,500
21,027
98,642

小計

840,425
131,039
△11,551
△5,601
55,388
△4,138
△32,602
1,506
△13,623

△134,660

3,088
△79,022
△263,757
△194,548
623,036
2,707
917,688

△1,000,000
△3,400,000
2,900,000
△521,381
15,500
△20,523
△1,502,404
1,329,229


4,393
△2,195,186

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
自己株式の純増減額(△は増加)
配当金の支払額
その他

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

△31
△107,298

△107,330
△93
487,026

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
現金及び現金同等物の期首残高
現金及び現金同等物の四半期末残高

- 9 -

△111
△1,713,689

5,928,469
6,415,495

財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物に係る換算差額

7
△107,298
△319
△107,609

7,089,366
5,375,676

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

(4)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。 
(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。 
(6)セグメント情報等
(セグメント情報)
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成23年4月1日 至平成23年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
 
卸売業部門
売上高

 

小売業部門
 

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

調整額
(注)1

合計

 

 

 

外部顧客への売上高

17,191,556

2,744,207

19,935,763



19,935,763

セグメント間の内部
売上高又は振替高











17,191,556

2,744,207

19,935,763



19,935,763

357,354

209,738

567,093

△214,357

352,735


セグメント利益

(注)1.セグメント利益の調整額△214,357千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない総務・経理部門等の管理部門に係る費用であ
ります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
 
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。


当第2四半期連結累計期間(自平成24年4月1日 至平成24年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
 

合計
卸売業部門
売上高

 

小売業部門
 

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

調整額
(注)1

 

 

 

外部顧客への売上高

19,229,619

2,799,228

22,028,847



22,028,847

セグメント間の内部
売上高又は振替高











19,229,619

2,799,228

22,028,847



22,028,847

599,136

178,004

777,140

△227,781

549,359


セグメント利益

(注)1.セグメント利益の調整額△227,781千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない総務・経理部門等の管理部門に係る費用であ
ります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
 

- 10 -

㈱サトー商会(9996) 平成25年3月期第2四半期決算短信

2.報告セグメントの変更等に関する事項
会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、
第1四半期連結会計期間より、平成24年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税
法に基づく減価償却の方法に変更したため、報告セグメントの減価償却の方法を改正後の法人税法に基づく
方法に変更しております。
なお、これによる当第2四半期連結累計期間の各セグメント利益への影響は軽微であります。
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

- 11 -


Origin: 平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

サトー商会の株価 »