平成24年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9996 サトー商会

 2012年01月25日16時00分


平成24年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成24年1月25日
上場会社名 株式会社サトー商会
コード番号 9996
URL http://www.satoh-web.co.jp/
代表者
(役職名) 代表取締役社長
問合せ先責任者 (役職名) 専務取締役管理本部長
四半期報告書提出予定日
平成24年2月10日
配当支払開始予定日

四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

上場取引所
(氏名) 玉根 裕
(氏名) 岡本 雄次郎

大 

TEL 022-236-5600

(百万円未満切捨て)

1.  平成24年3月期第3四半期の連結業績(平成23年4月1日~平成23年12月31日)
(1) 連結経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

(注)包括利益

百万円



百万円



百万円



31,646
33,746

24年3月期第3四半期
23年3月期第3四半期



△6.2
△2.1

775
908

△14.6
△8.3

921
1,001

△8.0
△12.1

512
579

△11.5
△7.8

24年3月期第3四半期 502百万円 (△9.4%)
23年3月期第3四半期 554百万円 (―%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭

24年3月期第3四半期
23年3月期第3四半期

円銭

57.29
64.76




(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

24年3月期第3四半期
23年3月期
(参考) 自己資本  

1株当たり純資産

百万円

28,374
23,861
24年3月期第3四半期  17,316百万円



円銭

61.0
71.6

17,316
17,083
23年3月期  17,083百万円

1,936.68
1,910.59

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

23年3月期
24年3月期
24年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計

12.00
12.00

円銭




円銭

12.00

24.00

12.00




円銭

24.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無  :  無
3.  平成24年3月期の連結業績予想(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


百万円

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

通期
41,600
△2.7
953
△9.3
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無  :  有

1,130

△4.5

660

139.8

73.81

業績予想の修正については、本日(平成24年1月25日)公表の「業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。

4.  その他
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  :  無
新規 ― 社 (社名)
、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  :  無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
  :  無
② ①以外の会計方針の変更
  :  無
③ 会計上の見積りの変更
  :  無
④ 修正再表示
  :  無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

24年3月期3Q
24年3月期3Q
24年3月期3Q

9,152,640 株 23年3月期
211,101 株 23年3月期
8,941,561 株 23年3月期3Q

9,152,640 株
211,064 株
8,941,664 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、四半期連結財務諸表に対
する四半期レビュー手続が実施中です。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際
の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、[添付資
料]P.2「連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………

2

(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………

2

(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………

2

2.サマリー情報(その他)に関する事項 …………

3

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………

3

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………

3

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………

3

3.継続企業の前提に関する重要事象等の概要 …………

3

4.四半期連結財務諸表 …………

4

(1)四半期連結貸借対照表 …………

4

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………

6

四半期連結損益計算書

 

第3四半期連結累計期間 …………
四半期連結包括利益計算書

6
 

第3四半期連結累計期間 …………

7

(3)継続企業の前提に関する注記 …………

8

(4)追加情報 …………

8

(5)セグメント情報等 …………

8

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

9

(7)重要な後発事象 …………

9

 

- 1 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第3四半期連結累計期間における東北の経済環境は、東日本大震災から9ヶ月が経過し、復旧活動は多くの支
援のもとで進められ、被災地域を中心に復興需要は増加しており、改善基調が続いております。しかし、歴史的な
円高水準が早期に是正される見込みは薄く、内需型産業や原材料などの素材調達コストは低下するものの、輸出競
争力の低下による事業縮小、これに伴う雇用・所得環境の悪化、及び復興や財政再建のための負担増加は、家計や
企業への影響が懸念されております。
当社グループを取り巻く環境は、福島の原発事故による影響が長期化し、放射能汚染による様々な問題が続いて
おり、消費者の食の安全や健康に対する意識は一段と高まっております。一方、平成23年11月21日、東日本大震災
の復興対策を盛り込んだ第3次補正予算が成立し、本格的な復興への着手により東北経済の回復が見込まれ、東北
地方に根差した食材卸売業の当社グループに対する需要は、今後期待できるものと考えております。
この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高316億46百万円(前年同四半期比6.2%減)、営業利益7
億75百万円(同14.6%減)、経常利益9億21百万円(同8.0%減)、四半期純利益は5億12百万円(同11.5%減)と
なりました。
セグメントの業績は次のとおりであります。
卸売業部門におきましては、震災後の復興需要効果は当四半期に一旦落ち込みがあったものの、依然継続してお
ります。業種別では、製菓部門の土産品、贈答品、給食部門の被災者・復旧工事業者向け弁当、学校給食部門は被
災地の給食センターが本稼働しましたが、他納入業者の復旧の遅れなどもあり、当社の提案商品が納入に結びつき
前年を上回りました。また、外食部門においてもホテル宴会の回復、イベントの増加、年末年始におけるリゾート
施設への宿泊客数の増加などもあり、業績が改善してまいりました。一方、惣菜部門では、月を追うごとに業績は
改善してはいるものの、津波被害によるお客様の店舗閉鎖による減収を補う事ができず、前年を大きく下回りまし
た。
地域では、放射能汚染による風評被害の影響は大きく、福島県への観光客は依然として回復は見えず、レジャー
施設、土産品関係を中心に苦戦を強いられました。
この結果、売上高は273億68百万円(前年同四半期比6.3%減)、営業利益は7億60百万円(同22.3%減)となり
ました。
小売業部門におきましては、震災後の復興需要効果に落ち着きが見られ、一般のお客様の購入数量が伸びないな
か、全店で「イタリアンフェア」「韓国料理フェア」「B級グルメフェア」などのイベントを実施しました。この
効果は、客単価をアップさせる事に繋がりました。一方、中小飲食業者様に関しましては、引き続き居酒屋を始め
とした業者会員様への売上が好調に推移しており、ダイレクトメールによる「仕入応援セール」を継続して実施し
た事で、既存店売上高は前年同四半期比108.4%となりました。しかし、震災により長命ヶ丘店を閉店、石巻店は
営業を休止しており、営業店舗数の減少により売上高は前年実績を下回りました。
この結果、売上高42億77百万円(前年同四半期比5.5%減)、営業利益3億47百万円(同11.3%増)となりまし
た。
(2)連結財政状態に関する定性的情報
当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ45億12百万円増加し、283億74百万円となり
ました。これは主に、震災後の売上回復及び四半期末日が金融機関の休日のため売掛債権が増加したことによるも
のであります。
負債は、前連結会計年度末と比べ42億79百万円増加し、110億57百万円となりました。これは主に、金融機関が
休日のため仕入債務が増加したことによるものであります。
純資産は、前連結会計年度末と比べ2億33百万円増加し、173億16百万円となりました。これは主に、利益剰余金
の増加によるものであります。
(3)連結業績予想に関する定性的情報
当第3四半期連結累計期間における業績の進捗状況等を踏まえ、平成23年7月25日付「業績予想及び配当予想に
関するお知らせ」において公表いたしました平成24年3月期(平成23年4月1日~平成24年3月31日)の連結業績
予想を修正しております。詳細につきましては、本日(平成24年1月25日)公表の「業績予想の修正に関するお知
らせ」をご参照ください。

- 2 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。

3.継続企業の前提に関する重要事象等の概要
該当事項はありません。

- 3 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

4.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券
商品
その他
貸倒引当金

当第3四半期連結会計期間
(平成23年12月31日)

1,428,469
3,822,375
5,568,683
1,173,091
494,927
△15,866
12,471,680

1,568,090
3,791,852
127,245
5,487,189

流動負債合計
固定負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他
固定負債合計
負債合計

- 4 -

29,442
191,018
13,450
233,911

6,777,845

資産合計
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
未払法人税等
賞与引当金
災害損失引当金
その他

9,229,631
575,000
204,000
128,309
8,406
677,928
10,823,275

26,015
180,665
10,941
217,622

固定資産合計

28,374,100

5,028,625
570,000
22,504
262,055
270,250
406,787
6,560,223

投資その他の資産合計

10,651,808

23,861,545

無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金

3,544,073
1,398,542
△62,080
4,880,535

11,389,865

有形固定資産合計

54,444

4,019,403
1,887,933
△97,886
5,809,450

固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
土地
その他(純額)

1,495,297
3,901,577
319,953
5,716,828

93,226

流動資産合計

936,612
6,062,496
8,443,670
1,912,439
382,253
△15,179
17,722,291

11,057,187

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

当第3四半期連結会計期間
(平成23年12月31日)

1,405,800
1,441,725
14,524,587
△187,600
17,184,512
△100,812
△100,812

その他の包括利益累計額合計
純資産合計
負債純資産合計

- 5 -

17,316,912

23,861,545

その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金

△110,183
△110,183

17,083,700

株主資本合計

1,405,800
1,441,725
14,767,203
△187,631
17,427,096

28,374,100

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)
売上高
売上原価

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年12月31日)

33,746,627
28,007,621
5,739,006

31,646,358
26,287,113
5,359,244

4,830,531

4,583,397

908,475

775,846

46,816
5,151

40,183

18,797
110,949

54,372
4,050
29,190
37,112
17,199
16,898
158,824

2,275
3,939
11,487
153
17,856

2,224

10,707
77
13,009

1,001,568

921,661


15,101
29,975

45,076

19,799


35,562
55,361

1,303
2,803
33,548


37,654

2,852

26,124
33,685
27,614
90,276

税金等調整前四半期純利益

1,008,990

886,747

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法人税等合計

324,048
105,921
429,970

299,183
75,303
374,487

少数株主損益調整前四半期純利益

579,020

512,259

四半期純利益

579,020

512,259

売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
持分法による投資利益
受取賃貸料
雇用調整助成金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
持分法による投資損失
賃貸収入原価
その他
営業外費用合計
経常利益
特別利益
貸倒引当金戻入額
役員退職慰労引当金戻入額
投資有価証券売却益
災害見舞金
特別利益合計
特別損失
固定資産除却損
固定資産売却損
投資有価証券評価損
関係会社株式売却損
災害による損失
特別損失合計

- 6 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

(四半期連結包括利益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)
少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年12月31日)

579,020

512,259

△24,233
△24,233

△9,371
△9,371

四半期包括利益

554,786

502,888

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

554,786


502,888


その他の包括利益合計

- 7 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 

(3)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。
(4)追加情報
(会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準等の適用)
第1四半期連結会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤
謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関
する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号 平成21年12月4日)を適用しております。
(法人税率の変更等による影響)
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律
第114号)及び「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」
(平成23年法律第117号)が平成23年12月2日に公布され、平成24年4月1日以後に開始する連結会計年度から法
人税率の引下げ及び復興特別法人税の課税が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金
負債の計算に使用する法定実効税率は従来の40.6%から、平成24年4月1日に開始する連結会計年度から平成26年
4月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については38.0%に、平成27年4月1日に開始する
連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については35.6%となります。この税率変更により、繰延税金資産
の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は25,044千円減少し、法人税等調整額は18,527千円増加しておりま
す。
(5)セグメント情報等
Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成22年4月1日 至平成22年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
 

合計
卸売業部門

売上高

 

小売業部門
 

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

調整額
(注)1

 

 

 

外部顧客への売上高

29,219,257

4,527,370

33,746,627



33,746,627

セグメント間の内部
売上高又は振替高











29,219,257

4,527,370

33,746,627



33,746,627

978,586

312,359

1,290,945

△382,470

908,475


セグメント利益

(注)1.セグメント利益の調整額△382,470千円は全社費用であり、主に総務・経理部門等の管理部門に
係る費用であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

- 8 -

㈱サトー商会(9996) 平成24年3月期第3四半期決算短信 



当第3四半期連結累計期間(自平成23年4月1日 至平成23年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
合計
卸売業部門
売上高

 

小売業部門
 

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

調整額
(注)1

 

 

 

外部顧客への売上高

27,368,554

4,277,804

31,646,358



31,646,358

セグメント間の内部
売上高又は振替高











27,368,554

4,277,804

31,646,358



31,646,358

760,188

347,776

1,107,964

△332,117

775,846


セグメント利益

(注)1.セグメント利益の調整額△332,117千円は全社費用であり、主に総務・経理部門等の管理部門に
係る費用であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
(7)重要な後発事象
該当事項はありません。

- 9 -


Origin: 平成24年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

サトー商会の株価 »