平成23年12月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

9622 スペース

 2011年08月10日15時30分


平成23年12月期

第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
平成23年8月10日

上 場 会 社 名 株式会社スペース
上場取引所 東 名
コ ー ド 番 号 9622
URL http://www.space-tokyo.co.jp
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 加藤 千寿夫
問合せ先責任者 (役職名) 経営管理室長
(氏名) 三品 和久
(TEL)
(03)3669-4008
四半期報告書提出予定日
平成23年8月12日
配当支払開始予定日
平成23年9月16日
四半期決算補足説明資料作成の有無
:有
四半期決算説明会開催の有無
:有(機関投資家・証券アナリスト向け)
(百万円未満切捨て)

1.平成23年12月期第2四半期の業績(平成23年1月1日~平成23年6月30日)
(%表示は、対前年同四半期増減率)
(1) 経営成績(累計)
売 上 高
営業利益
経常利益
四半期純利益
百万円



百万円



百万円



16,203
13,166

23年12月期第2四半期
22年12月期第2四半期

23.1
△6.9

1,041
961

8.3
0.3

1,043
959

8.7
△0.4





589
24.7
472 △15.8

潜在株式調整後
1株当たり
四半期純利益

1株当たり
四半期純利益

23年12月期第2四半期
22年12月期第2四半期

百万円





26.82
20.93






(2) 財政状態
総 資 産

純 資 産

1株当たり純資産

自己資本比率

百万円

(参考)自己資本



26,095
25,536

23年12月期第2四半期
22年12月期

百万円

19,974
19,667

76.5
77.0

23年12月期第2四半期

19,974百万円

22年12月期





909.04
895.07

19,667百万円

2.配当の状況
第1
四半期末


22年12月期
23年12月期
23年12月期(予想)

年間配当金
第3
四半期末

第2
四半期末

















合 計






12.00

22.00

11.00

(注)当四半期における配当予想の修正有無

10.00
11.00

期 末

22.00

:無

3.平成23年12月期の業績予想(平成23年1月1日~平成23年12月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売 上 高

営業利益

経常利益

1株当たり
当期純利益

当期純利益

百万円







百万円



百万円



百万円



30,000

2.6

1,900

2.6

1,900

2.6

1,000

18.2

(注)当四半期における業績予想の修正有無

:無





44.70

4.その他

(詳細は、【添付資料】P.5「その他の情報」をご覧ください。)

(1) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用

:有

(注)簡便な会計処理及び四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用の有無となります。

(2) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更
① 会計基準等の改正に伴う変更 :有
② ①以外の変更
:無
(注)「四半期財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更」に記載される四半期財務諸表作成に係る会計処理の
原則・手続、表示方法等の変更の有無となります。

(3) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

23年12月期2Q
23年12月期2Q
23年12月期2Q

24,182,109株
2,209,078株
21,973,135株

22年12月期
22年12月期
22年12月期2Q

24,182,109株
2,208,857株
22,571,691株

(※ 四半期レビュー手続の実施状況に関する表示)
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続きの対象外であり、この四
半期決算短信の開示時点において、四半期財務諸表に対する四半期レビュー手続きが実施中であり
ます。
(※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項)
本資料に記載されている業績の見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及
び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異
なる可能性があります。
なお、業績予想に関する事項はP.4「(3) 業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

○添付資料の目次

1.当四半期の業績等に関する定性的情報............................................... P. 2
(1) 経営成績に関する定性的情報................................................... P. 2
(2) 財政状態に関する定性的情報................................................... P. 3
(3) 業績予想に関する定性的情報................................................... P. 4
2.その他の情報..................................................................... P. 5
(1) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要....................................... P. 5
(2) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要................................. P. 5
3.四半期財務諸表................................................................... P. 6
(1) 四半期貸借対照表.............................................................
(2) 四半期損益計算書.............................................................
【第2四半期累計期間】...........................................................
【第2四半期会計期間】...........................................................
(3) 四半期キャッシュ・フロー計算書...............................................
(4) 継続企業の前提に関する注記...................................................
(5) セグメント情報...............................................................
(6) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記.................................

P. 6
P. 8
P. 8
P. 9
P.10
P.11
P.11
P.11

4.補足情報......................................................................... P.12
(1) 制作品別売上高............................................................... P.12
(2) 制作品別受注高及び受注残高................................................... P.12

― 1 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

1.当四半期の業績等に関する定性的情報
(1) 経営成績に関する定性的情報
当第2四半期累計期間(平成23年1月1日~平成23年6月30日)におけるわが国経済は、アジア
の新興国を中心とした海外経済の持ち直しを背景に、景気は緩やかな回復傾向にありました。しか
しながら、平成23年3月11日に発生しました東日本大震災を起因とした電力供給不足やサプライチ
ェーンの寸断により、多くの企業が生産活動の停滞を余儀なくされるという深刻な事態に直面し、
景気は先行き不透明な経済環境の中で推移いたしました。
このような状況の下、当社はお客様の被害度合を速やかに把握するため、震災直後に災害対策本
部を設置し情報の収集を行い、お客様の震災復興支援に取り組んでまいりました。また、コスト管
理の徹底や収益構造を改善強化すると共に、お客様第一主義を基本方針に企画開発・設計・施工の
総合力を武器に営業強化に努めてまいりました。
売上面につきましては、大型専門店や飲食、衣料等の各種専門店の受注増及び西日本エリアの受
注拡大により売上高は増加し、162億3百万円(前年同期比23.1%増)となりました。利益面につ
きましては、受注競争の激化や震災復興に係る費用の増加により、営業利益は10億41百万円(前年
同期比8.3%増)、経常利益は10億43百万円(前年同期比8.7%増)となり、四半期純利益は5億89
百万円(前年同期比24.7%増)となりました。

市場分野別の業績は次のとおりであります。
a.百貨店・量販店
百貨店・量販店分野では、大型商業施設や量販店の出店はあったものの、市場環境の変化によ
る設備投資の抑制や受注競争激化により売上高は減少いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は23億円(前年同期比13.8%減)となりまし
た。
b.複合商業施設
複合商業施設分野では、大型商業施設や量販店の出店はあったものの、市場環境の変化による
設備投資の抑制や受注競争激化により売上高は減少いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は5億18百万円(前年同期比32.3%減)となり
ました。
c.食料品店・飲食店
食料品店・飲食店分野では、積極的な開発営業等に注力した結果、多くの物件受注ができたた
め、売上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は27億72百万円(前年同期比41.7%増)とな
りました。
d.衣料専門店
衣料専門店分野では、積極的な開発営業等に注力した結果、多くの物件受注ができたため、売
上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は46億94百万円(前年同期比58.8%増)とな
りました。

― 2 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

e.各種専門店
各種専門店分野では、積極的な開発営業等に注力した結果、多くの物件受注ができたため、売
上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は45億69百万円(前年同期比27.4%増)とな
りました。
f.コンビニエンスストア
コンビニエンスストア分野では、リロケートや狭小立地への出店等による新たな物件受注がで
きたため、売上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は9億20百万円(前年同期比0.3%増)となり
ました。
g.サービス等
サービス等分野では、社名変更によるサイン工事やまちづくりにおけるイベント工事等を受注
することができたため、売上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は2億79百万円(前年同期比26.0%増)となり
ました。
h.余暇施設
余暇施設分野では、大型商業施設や量販店内のアミューズメント施設の物件受注ができたため、
売上高は増加いたしました。
その結果、当分野の第2四半期累計期間の売上高は1億47百万円(前年同期比57.9%増)となり
ました。

(2) 財政状態に関する定性的情報


資産、負債、純資産の状況
(資産)
当第2四半期会計期間末における資産合計は260億95百万円(前事業年度比5億59百万円増
加)となりました。
流動資産は、前事業年度末に比べ7億39百万円増加し、163億42百万円となりました。これは、
現金及び預金が10億19百万円、受取手形が2億37百万円増加し、完成工事未収入金が6億33百
万円減少したこと等によるものです。
固定資産は、前事業年度末に比べ1億80百万円減少し、97億52百万円となりました。これは、
有形固定資産が66百万円、無形固定資産が35百万円、投資その他の資産が78百万円減少したこ
と等によるものです。
(負債)
当第2四半期会計期間末における負債合計は61億21百万円(前事業年度比2億52百万円増
加)となりました。
流動負債は、前事業年度末に比べ3億53百万円増加し、40億58百万円となりました。これは、
工事未払金が5億79百万円増加し、未払法人税等が1億円、その他が1億42百万円減少したこ
と等によるものです。

― 3 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

固定負債は、前事業年度末に比べ1億円減少し、20億63百万円となりました。これは、退職
給付引当金が36百万円、役員退職慰労引当金が64百万円減少したこと等によるものです。
(純資産)
当第2四半期会計期間末における純資産合計は199億74百万円(前事業年度比3億6百万円増
加)となりました。
これは、利益剰余金が3億25百万円増加し、その他有価証券評価差額金が18百万円減少した
こと等によるものです。


キャッシュ・フローの状況
当第2四半期累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前事業年度

末に比べ10億19百万円増加し、98億97百万円(前事業年度比11.5%増)となりました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は、13億3百万円となりました。これは、税引前四半期純利益
9億71百万円の計上及び減価償却費が1億28百万円、仕入債務が5億79百万円増加し、売上債
権が3億95百万円、法人税等の支払により4億74百万円減少したこと等によるものです。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は、21百万円となりました。これは、投資有価証券の売却によ
る収入7百万円があったものの、有形固定資産の取得による支出が19百万円、無形固定資産の
取得による支出が5百万円あったこと等によるものです。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は、2億63百万円となりました。これは、配当金の支払2億63
百万円によるものです。

(3) 業績予想に関する定性的情報
平成23年12月期の通期業績予想につきましては、震災復興が続きサプライチェーンの建て直しと
共に生産活動が回復をし、景気は緩やかに回復していくものと予想されます。
当社を取巻く経営環境も徐々に持ち直していくことが期待されますが、電力供給問題や原材料高
等先行きは不透明であり、平成23年5月6日に公表いたしました通期業績予想の内容に、変更はあ
りません。

― 4 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

2.その他の情報
(1) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要


固定資産の減価償却の算定方法
定率法を採用している資産については、会計年度に係る減価償却の額を期間按分して算定する

方法によっております。


繰延税金資産及び繰延税金負債の算定方法
繰延税金資産の回収可能性の判断に関しては、前事業年度末以降に経営環境等、かつ、一時差

異等の発生状況に著しい変化が無いと認められる場合に、前事業年度末において使用した将来の
業績予測やタックス・プランニングを利用する方法によっております。

(2) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要


会計基準等の改正に伴う変更
(資産除去債務に関する会計基準の適用)
第1四半期会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号

平成

20年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
21号 平成20年3月31日)を適用しております。
なお、これによる影響はありません。


①以外の変更
該当事項はありません。

― 5 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

3.

四半期財務諸表

(1) 四半期貸借対照表
(単位:千円)
当第2四半期
会計期間末
(平成23年6月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形
完成工事未収入金
未成工事支出金
材料及び貯蔵品
その他
貸倒引当金

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年12月31日)

9,918,798
1,426,920
3,751,608
1,042,280
12,820
221,198
△30,823

8,899,655
1,189,316
4,384,798
976,341
5,127
177,546
△29,592

16,342,803

15,603,193

固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
土地
その他(純額)

2,426,903
5,112,390
87,703

2,491,097
5,112,390
90,483

有形固定資産合計

7,626,997

7,693,971

227,657

262,964

1,926,133
△27,839

1,994,984
△18,650

1,898,293

1,976,334

9,752,948

9,933,270

流動資産合計

無形固定資産
投資その他の資産
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
固定資産合計
資産合計

26,095,751

25,536,463

負債の部
流動負債
工事未払金
短期借入金
未払法人税等
賞与引当金
完成工事補償引当金
受注損失引当金
その他

1,719,490
805,000
396,117
144,918
63,499
36,281
892,783

1,140,062
805,000
496,123
67,824
52,611
108,581
1,034,885

流動負債合計

4,058,092

3,705,088

1,785,693
276,617
900

1,821,854
341,060
900

2,063,210

2,163,814

6,121,303

5,868,903

固定負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他
固定負債合計
負債合計

― 6 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

(単位:千円)
当第2四半期
会計期間末
(平成23年6月30日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年12月31日)

3,395,537
3,566,789
14,828,735
△1,724,826

3,395,537
3,566,789
14,503,165
△1,724,707

20,066,234

19,740,784

評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金

△91,786

△73,223

評価・換算差額等合計

△91,786

△73,223

19,974,448

19,667,560

26,095,751

25,536,463

株主資本合計

純資産合計
負債純資産合計

― 7 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

(2) 四半期損益計算書
【第2四半期累計期間】
(単位:千円)
前第2四半期累計期間
(自 平成22年1月1日
至 平成22年6月30日)
売上高
完成工事高
売上原価
完成工事原価

当第2四半期累計期間
(自 平成23年1月1日
至 平成23年6月30日)

13,166,818

16,203,897

11,536,066

14,373,961

1,630,751

1,829,935

販売費及び一般管理費

669,098

788,012

営業利益

961,652

1,041,923

2,098
9,427
6,782

825
9,554
4,158

18,308

14,538

6,084
11,491
2,824

6,269
4,599
2,325

20,400

13,194

959,561

1,043,266

売上総利益

営業外収益
受取利息
受取配当金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
売上割引
その他
営業外費用合計
経常利益
特別利益
固定資産売却益
投資有価証券売却益
貸倒引当金戻入額
その他

7,679




21,094
99
28,873

特別損失
固定資産除売却損
投資有価証券評価損
減損損失
過年度人件費

5,634

237


特別利益合計

5,634



396
30,312


135,454


46,581

特別損失合計

135,692

77,290

税引前四半期純利益

852,742

971,611

416,659
△36,315

376,477
5,885

法人税等合計

380,344

382,362

四半期純利益

472,398

589,248

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

― 8 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

【第2四半期会計期間】
(単位:千円)
前第2四半期会計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年6月30日)
売上高
完成工事高
売上原価
完成工事原価

当第2四半期会計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年6月30日)

6,901,986

8,648,032

6,194,278

7,657,578

売上総利益

707,707

990,454

販売費及び一般管理費

348,816

383,879

営業利益

358,891

606,574

255
8,662
2,734

94
8,795
2,340

11,652

11,230

3,034
6,468
2,463

3,030
2,249
2,162

営業外収益
受取利息
受取配当金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
売上割引
その他
営業外費用合計

11,966






29,558



116


特別利益合計
特別損失
固定資産除売却損
投資有価証券評価損
減損損失
過年度人件費

610,362

6,266
9,025
14,166
99

特別利益
固定資産売却益
投資有価証券評価損戻入益
貸倒引当金戻入額
その他

7,442

358,577

経常利益

308
2,298


135,454


46,581

特別損失合計

135,570

49,188

税引前四半期純利益

252,565

561,174

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

125,561
20,474

115,462
111,622

法人税等合計

146,036

227,085

四半期純利益

106,528

334,089

― 9 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

(3) 四半期キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期累計期間
(自 平成22年1月1日
至 平成22年6月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税引前四半期純利益
減価償却費
減損損失
貸倒引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
その他の引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
固定資産除売却損益(△は益)
投資有価証券評価損益(△は益)
その他

852,742
145,172
135,454
△37,378

当第2四半期累計期間
(自 平成23年1月1日
至 平成23年6月30日)
971,611
128,416


147,947
7,430
9,685
△31,350
△11,525

10,421
77,094
△36,160
△64,442
△61,411
△10,379

6,084
△82,502
△179,953

6,269
395,585
△73,632

339,563
△7,441

△94,225

579,428
396
30,312
△178,604

小計

1,199,702

1,774,904

利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額

10,700
△5,929
△156,944

9,486
△6,377
△474,561

営業活動によるキャッシュ・フロー

1,047,529

1,303,453

△30,000



△19,980

投資活動によるキャッシュ・フロー
関係会社出資金の払込による支出
定期預金の払戻による収入
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
無形固定資産の取得による支出
その他

400,000
△718
29,616


△8,884
△185

5
△1,695

389,828

△21,065

△317,389
△259,129
42

△263,123
△121


△576,477

△263,245

860,880

1,019,142

現金及び現金同等物の期首残高

8,690,861

8,878,655

現金及び現金同等物の四半期末残高

9,551,741

9,897,798

投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
配当金の支払額
自己株式の取得による支出
自己株式の売却による収入
財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

― 10 ―

7,200
△5,761
△833

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

(4) 継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。

(5) セグメント情報
当社は、ディスプレイ事業のみの単一セグメントのため、記載を省略しております。
(追加情報)
第1四半期会計期間より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17


平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会

計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)を適用しております。

(6) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。

― 11 ―

株式会社スペース (9622)平成23年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

4.補足情報
(1) 制作品別売上高
区分

前第2四半期累計期間
(自 平成22年1月1日
至 平成22年6月30日)
金額(千円)

構成比(%)

当第2四半期累計期間
(自 平成23年1月1日
至 平成23年6月30日)
金額(千円)

構成比(%)

(自


前事業年度
平成22年1月1日
平成22年12月31日)

金額(千円)

構成比(%)

新装工事

7,269,193

55.2

9,680,542

59.7

17,118,800

58.6

改装工事

4,011,669

30.5

4,060,464

25.1

8,241,007

28.2

建築工事

16,470

0.1

106,390

0.7

80,107

0.3

環境・演出・展示工事

168,282

1.3

169,826

1.0

317,842

1.1

企画・設計・監理

423,135

3.2

332,154

2.1

859,721

2.9

1,278,067

9.7

1,854,517

11.4

2,610,857

8.9

13,166,818

100.0

16,203,897

100.0

29,228,337

100.0

その他
合計
(注) 1

数量については、同一制作品別区分の中でも、多種類・多仕様にわたっておりその表示が困難なため記
載を省略しております。
2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

(2) 制作品別受注高及び受注残高
当第2四半期累計期間
(自 平成23年1月1日
至 平成23年6月30日)

(自


受注高
(千円)

区分

前第2四半期累計期間
(自 平成22年1月1日
至 平成22年6月30日)

受注高
(千円)

受注高
(千円)

受注残高
(千円)

受注残高
(千円)

前事業年度
平成22年1月1日
平成22年12月31日)
受注残高
(千円)

新装工事

6,939,069

614,837

9,735,720

1,101,722

17,220,384

1,046,545

改装工事

3,940,429

137,165

4,080,917

219,515

8,231,664

199,062

建築工事

16,470



148,777

45,570

83,290

3,182

環境・演出・展示工事

186,968

22,110

135,656

555

349,143

34,725

企画・設計・監理

462,985

156,967

261,435

131,285

944,609

202,005

1,311,653

196,331

1,746,155

102,331

2,658,805

210,693

12,857,575

1,127,411

16,108,663

1,600,980

29,487,898

1,696,214

その他
合計
(注) 1

数量については、同一制作品別区分の中でも、多種類・多仕様にわたっておりその表示が困難なため記
載を省略しております。
2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

― 12 ―


Origin: 平成23年12月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

スペースの株価 »