平成26年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9355 リンコーコーポレーション

 2014年02月07日16時00分


平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成26年2月7日
上場会社名 株式会社リンコーコーポレーション 上場取引所 東
コード番号 9355 URL http://www.rinko.co.jp
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 坪井 鈴兒
問合せ先責任者 (役職名) 常務取締役 (氏名) 山下 和男 TEL 025-245-4112
四半期報告書提出予定日 平成26年2月12日
配当支払開始予定日 ―
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無 : 無

(百万円未満切捨て)
1. 平成26年3月期第3四半期の連結業績(平成25年4月1日~平成25年12月31日)
(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
26年3月期第3四半期 14,824 2.6 575 14.8 776 56.0 421 171.1
25年3月期第3四半期 14,444 △4.7 501 △32.3 497 △36.4 155 △73.7
(注)包括利益 26年3月期第3四半期 640百万円 (378.8%) 25年3月期第3四半期 133百万円 (△87.4%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益 純利益
円銭 円銭
26年3月期第3四半期 15.61 ―
25年3月期第3四半期 5.76 ―

(2) 連結財政状態
総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産
百万円 百万円 % 円銭
26年3月期第3四半期 39,141 13,014 33.3 482.43
25年3月期 38,984 12,455 31.9 461.68
(参考)自己資本 26年3月期第3四半期 13,014百万円 25年3月期 12,455百万円


2. 配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円銭 円銭 円銭 円銭 円銭
25年3月期 ― ― ― 3.00 3.00
26年3月期 ― ― ―
26年3月期(予想) 3.00 3.00
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無


3. 平成26年 3月期の連結業績予想(平成25年 4月 1日~平成26年 3月31日)
(%表示は、対前期増減率)
1株当たり当期
売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭
通期 19,110 0.2 650 4.1 810 29.7 220 △37.0 8.15
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 有
※ 注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
新規 ― 社 (社名) 、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無
②①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 26年3月期3Q 27,000,000 株 25年3月期 27,000,000 株
② 期末自己株式数 26年3月期3Q 22,796 株 25年3月期 22,347 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 26年3月期3Q 26,977,560 株 25年3月期3Q 26,977,805 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に
基づく四半期財務諸表のレビュー手続は終了しておりません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、
実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等について
は、添付資料P.3「1.当四半期決算に関する定性的情報 (3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明」をご覧ください。
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


○添付資料の目次

1.当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2
(1)経営成績に関する説明 ………… 2
(2)財政状態に関する説明 ………… 3
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 ………… 3
2.四半期連結財務諸表 ………… 4
(1)四半期連結貸借対照表 ………… 4
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 6
四半期連結損益計算書
第3四半期連結累計期間 ………… 6
四半期連結包括利益計算書
第3四半期連結累計期間 ………… 8
(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 ………… 9
(継続企業の前提に関する注記) ………… 9
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ………… 9
(セグメント情報等) ………… 9




-1-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
平成25年4月1日から12月31日までの9か月間(以下、当第3四半期連結累計期間)におけるわが国経済
は、日銀の金融緩和政策や政府の公共投資増加により円安・株高傾向が継続し、企業収益や個人消費に緩やかな回
復がみられる一方、平成26年4月1日からの消費税率引上げによる反動やTPP(環太平洋戦略的経済連携協
定)の交渉結果次第では日本経済に悪影響が及ぶ懸念など、景気下振れのリスクを抱えている状況にあるものと認
識しております。
このような事業環境にあって当社企業グループは、主力である運輸部門の業績が堅調に推移し、機械販売部門は
大型販売案件の増加等により好調に推移いたしました。一方、ホテル事業部門は、宴会件数の減少や株式会社ホテ
ル大佐渡の旧館の閉鎖に伴う宿泊客数の減少から、また商品販売部門は取扱品目の出荷量減少から低調に推移いた
しました。
これらの結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は148億2千4百万円(前年同四半期比2.6%の増
収)、営業利益は5億7千5百万円(前年同四半期比14.8%の増益)、経常利益は貸倒引当金戻入額などの影
響により7億7千6百万円(前年同四半期比56.0%の増益)となり、四半期純利益は4億2千1百万円(前年
同四半期比171.1%の増益)となりました。


セグメントの業績は次のとおりであります。
[運輸部門]
継続的な収益確保を目指し、既存荷主の囲い込みと新規貨物獲得を軸とした営業戦略を展開して参りました結
果、一般貨物においては、消費増税を背景にした駆け込み需要の増加に伴い住宅着工件数が増えたため、輸入木材
の取扱が増加いたしました。また、コンテナ貨物は前年度11月からの韓国航路における新規サービスの開始や既
存航路の増便が寄与し、前年同四半期より増加し、全体の港湾運送事業における船内取扱数量は464万3千トン
(前年同四半期比4.7%の増加)となりました。
当社と運輸系子会社3社(新光港運株式会社、リンコー運輸株式会社、丸肥運送倉庫株式会社)を合わせた同部
門の収入は84億6千7百万円(前年同四半期比8.1%の増収)、セグメント利益は3億8百万円(前年同四半
期比69.0%の増益)となりました。


[不動産部門]
小型商品土地の在庫処分を実行した結果、地代・家賃収入を合わせた同部門の収入は2億9千4百万円(前年同
四半期比7.3%の増収)、セグメント利益は1億3千1百万円(前年同四半期比19.7%の減益)となりまし
た。


[機械販売部門]
前年度からの公共工事の継続に伴う大型機械整備の増加や、消費増税前の駆け込み需要に伴う大型の建設・産業
機械の販売件数増加により、同部門の収入は12億7千2百万円(前年同四半期比23.0%の増収)、セグメン
ト損失は6百万円(前年同四半期は3千万円のセグメント損失)となりました。


[ホテル事業部門]
株式会社ホテル新潟では、セールスの増強やコスト管理の徹底に努めて参りましたが、宴会件数の減少や原油高
による電気料金の値上げ、更に食材費の高騰の影響を避けられず、前年同四半期比で減収減益となりました。株式
会社ホテル大佐渡においても、旧館の営業停止による影響等から宿泊客数が減少し、前年同四半期比で減収減益と
なりました。
これらの結果、同部門の収入は21億6千3百万円(前年同四半期比9.1%の減収)、セグメント利益は7千
4百万円(前年同四半期比35.0%の減益)となりました。


[商品販売部門]
貿易収入は、住宅着工戸数の回復による住宅資材の取扱増加が寄与し好調に推移いたしましたが、商品販売収入
は、工事口へのセメント出荷が遅延したことから取扱数量が減少し、同部門の収入は24億9千万円(前年同四半
期比11.3%の減収)、セグメント利益は3千3百万円(前年同四半期比26.2%の減益)となりました。


[その他]
保険代理店業務、産業廃棄物の処理業務を合わせたその他の収入は2億5千7百万円(前年同四半期比12.
5%の増収)、セグメント利益は3千3百万円(前年同四半期比37.2%増益)となりました。



-2-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


(2)財政状態に関する説明
当第3四半期連結会計期間末の資産の部は、前連結会計年度末と比べて1億5千7百万円増加し、391億4千
1百万円となりました。これは主に、親会社の運輸部門における倉庫建設等により有形固定資産が増加したことに
よります。
負債の部は、前連結会計年度末と比べて4億2百万円減少し、261億2千6百万円となりました。これは主に
有利子負債の返済によるものであります。
純資産の部は、前連結会計年度末と比べて5億5千9百万円増加し、130億1千4百万円となりました。これ
は主に、四半期純利益、配当金の支払い、その他有価証券評価差額金の増加によるものであります。


(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
連結通期業績予想につきましては、平成26年2月7日に公表いたしました「通期業績予想の修正に関するお知
らせ」に記載のとおり、平成25年5月14日の決算短信で発表しました連結通期業績予想を修正しております。
当第3四半期累計期間までの経営成績は、運輸部門や機械販売部門などが堅調に推移した結果、当初計画した売
上高を上回っております。また増収に伴い売上総利益が当初計画を上回り、営業利益を押し上げることとなりまし
た。これらのことから通期の売上高と営業利益は当初の予想よりも上回る見通しであります。
経常利益は、平成25年11月1日に公表いたしました「営業外収益の計上及び平成26年3月期第2四半期累
計期間業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ」に記載のとおり、当社において貸倒引当金戻入額を営業外
収益で計上したことが大きな要因となり、当初の予想を上回る見通しであります。
当期純利益は、平成25年11月1日に公表いたしました「固定資産の撤去に伴う特別損失の計上に関するお知
らせ」に記載のとおり、第4四半期会計期間で連結子会社において固定資産処分損を特別損失で計上する見込みで
あること、また、当社において当期の法人税等の税金費用が増加することが予想されることから、当初の予想より
も若干の増益となる見通しであります。
これらのことから、連結通期業績予想を下表のとおり修正いたしました。
なお、下記の予想は、当社が現時点で合理的と判断した一定の条件に基づいたものであり、実際の業績は今回の
業績予想の修正と異なる可能性があります。


平成26年3月期連結業績予想(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益
(百万円) (百万円) (百万円) (百万円)
前回発表予想(A) 18,310 540 450 200

今回修正予想(B) 19,110 650 810 220

増減額(B-A) 800 110 360 20

増減率(%) 4.4 20.4 80.0 10.0
(ご参考)
19,069 624 624 349
前期実績(平成25年3月期)
(注)「前回発表予想」は、平成25年5月14日付の公表値、「今回修正予想」は平成26年2月7日付の公表
値であります。




-3-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信

2.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度 当第3四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年12月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金 788,002 830,601
受取手形及び営業未収入金 4,285,677 4,057,885
たな卸資産 275,439 147,122
繰延税金資産 128,149 66,919
その他 173,574 562,794
貸倒引当金 △6,764 △8,137
流動資産合計 5,644,079 5,657,186
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物 22,250,366 22,883,654
減価償却累計額 △15,019,155 △15,337,871
建物及び構築物(純額) 7,231,210 7,545,783
機械装置及び運搬具 2,333,110 2,430,419
減価償却累計額 △2,000,787 △2,026,601
機械装置及び運搬具(純額) 332,322 403,818
土地 21,973,338 22,027,769
リース資産 734,609 457,479
減価償却累計額 △306,907 △216,825
リース資産(純額) 427,702 240,654
建設仮勘定 61,972 35,192
その他 1,158,568 1,167,110
減価償却累計額 △988,617 △985,075
その他(純額) 169,951 182,034
有形固定資産合計 30,196,498 30,435,252
無形固定資産
リース資産 16,018 15,595
その他 6,683 13,272
無形固定資産合計 22,702 28,868
投資その他の資産
投資有価証券 2,261,364 2,576,776
繰延税金資産 55,814 63,235
その他 1,372,729 704,279
貸倒引当金 △570,063 △324,163
投資その他の資産合計 3,119,844 3,020,127
固定資産合計 33,339,045 33,484,248
繰延資産
社債発行費 1,048 104
繰延資産合計 1,048 104
資産合計 38,984,173 39,141,539




-4-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


(単位:千円)
前連結会計年度 当第3四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年12月31日)
負債の部
流動負債
支払手形及び営業未払金 2,577,628 2,522,858
短期借入金 6,750,000 4,800,000
1年内返済予定の長期借入金 2,418,890 2,893,984
1年内償還予定の社債 100,000 50,000
リース債務 111,896 84,787
未払法人税等 134,498 98,256
賞与引当金 82,842 156,952
資産除去債務 15,600 15,600
その他 930,699 755,028
流動負債合計 13,122,055 11,377,467
固定負債
長期借入金 4,897,995 6,098,602
リース債務 345,742 182,258
繰延税金負債 1,390,773 1,538,725
再評価に係る繰延税金負債 5,806,436 5,806,436
退職給付引当金 605,807 763,714
役員退職慰労引当金 102,873 105,209
環境対策引当金 20,810 20,810
資産除去債務 91,197 92,675
その他 145,374 141,054
固定負債合計 13,407,010 14,749,487
負債合計 26,529,065 26,126,955
純資産の部
株主資本
資本金 1,950,000 1,950,000
資本剰余金 809,459 809,459
利益剰余金 904,631 1,244,763
自己株式 △6,757 △6,821
株主資本合計 3,657,333 3,997,402
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金 248,246 467,653
土地再評価差額金 8,549,526 8,549,528
その他の包括利益累計額合計 8,797,773 9,017,182
純資産合計 12,455,107 13,014,584
負債純資産合計 38,984,173 39,141,539




-5-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年12月31日) 至 平成25年12月31日)
売上高
運輸作業収入 6,929,575 7,541,924
港湾営業収入 156,406 149,203
不動産売上高 255,481 275,983
機械営業収入 952,332 1,180,691
ホテル営業収入 2,374,086 2,157,978
商品売上高 2,763,451 2,453,829
その他の事業収入 1,013,483 1,065,133
売上高合計 14,444,816 14,824,745
売上原価
運輸作業費 6,350,731 6,878,910
港湾営業費 138,154 127,441
不動産売上原価 95,844 145,744
機械営業費 897,190 1,103,140
ホテル営業費 1,977,858 1,824,120
商品売上原価 2,687,817 2,396,917
その他の事業費用 672,256 724,264
売上原価合計 12,819,853 13,200,540
売上総利益 1,624,962 1,624,205
販売費及び一般管理費 1,123,318 1,048,489
営業利益 501,644 575,715
営業外収益
受取利息 5,663 6,157
受取配当金 39,067 46,703
貸倒引当金戻入額 41,438 247,767
雑収入 53,370 23,332
営業外収益合計 139,541 323,959
営業外費用
支払利息 131,004 120,524
雑支出 12,759 2,993
営業外費用合計 143,763 123,518
経常利益 497,421 776,156




-6-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年12月31日) 至 平成25年12月31日)
特別利益
固定資産売却益 6,188 3,400
退職給付引当金戻入額 - 5,462
特別利益合計 6,188 8,863
特別損失
固定資産処分損 73,544 17,404
投資有価証券評価損 102,528 3,999
減損損失 78,302 -
その他 - 2,139
特別損失合計 254,375 23,543
税金等調整前四半期純利益 249,234 761,476
法人税、住民税及び事業税 114,964 237,230
法人税等調整額 △21,041 103,179
法人税等合計 93,923 340,409
少数株主損益調整前四半期純利益 155,311 421,067
四半期純利益 155,311 421,067




-7-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年12月31日) 至 平成25年12月31日)
少数株主損益調整前四半期純利益 155,311 421,067
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 △20,113 219,406
土地再評価差額金 △1,417 -
その他の包括利益合計 △21,531 219,406
四半期包括利益 133,779 640,473
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 133,779 640,473




-8-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。

(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。

(セグメント情報等)
Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成24年4月1日 至 平成24年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
不動産部 機械販売 ホテル事業 商品販売 合計
運輸部門 計 (注)
門 部門 部門 部門
売上高
外部顧客への
7,826,768 255,481 996,111 2,374,086 2,763,451 14,215,899 228,916 14,444,816
売上高

セグメント間
の内部売上高 6,077 18,854 38,255 6,718 43,648 113,553 73 113,627
又は振替高

計 7,832,846 274,335 1,034,367 2,380,805 2,807,099 14,329,453 228,990 14,558,443

セグメント利益
182,434 163,059 △30,139 114,935 45,891 476,181 24,726 500,907
又は損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険代理店業務、産業廃棄物の処理業
務等を含んでおります。


2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:千円)

利益 金額

報告セグメント計 476,181
「その他」の区分の利益 24,726
セグメント間取引消去 199

その他の調整額 536
四半期連結損益計算書の営業利益 501,644


3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
(固定資産に係る重要な減損損失)
「ホテル事業部門」セグメントにおいて、株式会社ホテル大佐渡のホテル事業用資産の一部分について、使用停
止を決定したことから、将来キャッシュ・フローが見込まれないため、当該資産の帳簿価額の金額を減損損失とし
て計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては、78,302千円であり
ます。




-9-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第3四半期決算短信


Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成25年4月1日 至 平成25年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
不動産部 機械販売 ホテル事業 商品販売 合計
運輸部門 計 (注)
門 部門 部門 部門
売上高
外部顧客への
8,461,708 275,983 1,219,764 2,157,978 2,453,829 14,569,265 255,479 14,824,745
売上高

セグメント間
の内部売上高 5,719 18,498 52,809 5,678 36,849 119,555 2,212 121,767
又は振替高

計 8,467,428 294,482 1,272,573 2,163,657 2,490,678 14,688,821 257,692 14,946,513

セグメント利益
308,325 131,010 △6,851 74,673 33,848 541,007 33,917 574,924
又は損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険代理店業務、産業廃棄物の処理業
務等を含んでおります。


2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:千円)

利益 金額

報告セグメント計 541,007
「その他」の区分の利益 33,917

セグメント間取引消去 488

その他の調整額 302

四半期連結損益計算書の営業利益 575,715


3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。




-10-

Origin: 平成26年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

リンコーコーポレーションの株価 »