平成26年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9355 リンコーコーポレーション

 2013年11月01日16時00分


平成26年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成25年11月1日
上場会社名 株式会社リンコーコーポレーション 上場取引所 東
コード番号 9355 URL http://www.rinko.co.jp
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 坪井 鈴兒
問合せ先責任者 (役職名) 常務取締役 (氏名) 山下 和男 TEL 025-245-4112
四半期報告書提出予定日 平成25年11月12日
配当支払開始予定日 ―
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無 : 無

(百万円未満切捨て)
1.  平成26年3月期第2四半期の連結業績(平成25年4月1日~平成25年9月30日)
(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
26年3月期第2四半期 9,730 0.9 335 12.0 547 84.6 272 139.4
25年3月期第2四半期 9,644 △5.4 299 △35.5 296 △40.3 113 △63.4
(注)包括利益 26年3月期第2四半期 401百万円 (―%) 25年3月期第2四半期 △71百万円 (―%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭 円銭
26年3月期第2四半期 10.10 ―
25年3月期第2四半期 4.22 ―

(2) 連結財政状態
総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産
百万円 百万円 % 円銭
26年3月期第2四半期 38,882 12,775 32.9 473.56
25年3月期 38,984 12,455 31.9 461.68
(参考) 自己資本 26年3月期第2四半期 12,775百万円 25年3月期 12,455百万円


2.  配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円銭 円銭 円銭 円銭 円銭
25年3月期 ― ― ― 3.00 3.00
26年3月期 ― ―
26年3月期(予想) ― 3.00 3.00
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無


3. 平成26年 3月期の連結業績予想(平成25年 4月 1日~平成26年 3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり当期
純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭
通期 18,310 △4.0 540 △13.5 450 △28.0 200 △42.7 7.41
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 無
※  注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
新規 ― 社 (社名) 、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無
② ①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 26年3月期2Q 27,000,000 株 25年3月期 27,000,000 株
② 期末自己株式数 26年3月期2Q 22,347 株 25年3月期 22,347 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 26年3月期2Q 26,977,653 株 25年3月期2Q 26,977,869 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に
基づく四半期財務諸表のレビュー手続は終了しておりません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、
実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等について
は、添付資料P.3「1.当四半期決算に関する定性的情報 (3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明」をご覧ください。
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


○添付資料の目次

1.当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2
(1)経営成績に関する説明 ………… 2
(2)財政状態に関する説明 ………… 3
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 ………… 3
2.四半期連結財務諸表 ………… 4
(1)四半期連結貸借対照表 ………… 4
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 6
四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間 ………… 6
四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間 ………… 7
(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 ………… 8
(継続企業の前提に関する注記) ………… 8
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ………… 8
(セグメント情報等) ………… 8




-1-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
平成25年4月1日から9月30日までの6か月間(以下、当第2四半期)におけるわが国経済は、欧米経済に
持ち直しの動きが見られる中、中国をはじめとした新興国経済の鈍化により依然として不透明な状況が続くもの
の、新政権による経済・金融政策による円高是正や株価の上昇を背景として全体の景況感は改善されつつあるもの
と認識しております。
このような事業環境にあって当社企業グループは、主力となる運輸部門における業績が堅調に推移し、機械販売
部門は大型の機械販売案件や機械整備の増加により好調に推移いたしました。一方、ホテル事業部門においては宴
会件数や宿泊客数の減少から、商品販売部門においては取扱商品の出荷量減少から低調に推移いたしました。
これらの結果、当第2四半期の売上高は97億3千万円(前年同四半期比0.9%の増収)、営業利益は3億3
千5百万円(前年同四半期比12.0%の増益)、経常利益は貸倒引当金戻入額などの影響により5億4千7百万
円(前年同四半期比84.6%の増益)となり、四半期純利益は2億7千2百万円(前年同四半期比139.4%
の増益)となりました。


セグメントの業績は次のとおりであります。
[運輸部門]
既存荷主の囲い込みと新規貨物獲得を軸とした営業戦略を展開して参りましたが、一般貨物においては太宗貨物
でありますチップ、石油コークス、石膏等の減少により前年同四半期比で微減となりました。一方、コンテナ貨物
は昨年11月からの韓国航路における新規サービスが寄与し前年同四半期より増加し、全体の港湾運送事業におけ
る船内取扱数量は301万3千トン(前年同四半期比2.4%の増加)となりました。
当社と運輸系子会社3社(新光港運株式会社、リンコー運輸株式会社、丸肥運送倉庫株式会社)を合わせた同部
門の収入は54億6千3百万円(前年同四半期比4.5%の増収)、セグメント利益は1億5千3百万円(前年同
四半期比72.1%の増益)となりました。


[不動産部門]
地代・家賃収入を中心とする同部門の収入は1億8千2百万円(前年同四半期比0.1%の増収)、セグメント
利益は1億9百万円(前年同四半期比2.6%の増益)となりました。


[機械販売部門]
前年度からの公共事業の継続に伴う大型機械整備の増加や、消費増税前の駆け込み需要を含めた大型の建設・産
業機械の販売件数増加により、同部門の収入は9億7百万円(前年同四半期比22.7%の増収)、セグメント損
失は1百万円(前年同四半期は2千7百万円のセグメント損失)となりました。


[ホテル事業部門]
株式会社ホテル新潟では、セールスの増強やコスト管理の徹底に努めて参りましたが、宴会件数の減少により前
年同四半期比で減収減益となりました。株式会社ホテル大佐渡においても、旧館の営業停止に伴う宿泊客数の減少
から前年同四半期比で減収減益となりました。
これらの結果、同部門の収入は14億2千7百万円(前年同四半期比11.3%の減収)、セグメント利益は3
千3百万円(前年同四半期比59.7%の減益)となりました。


[商品販売部門]
貿易収入は、住宅着工戸数の回復による住宅資材の取扱増加が寄与し好調に推移いたしましたが、商品販売収入
は、工事口へのセメント出荷が遅延したことから取扱数量が減少し、同部門の収入は16億5千2百万円(前年同
四半期比8.7%の減収)セグメント利益は2千2百万円(前年同四半期比26.5%の減益)となりました。


[その他]
保険代理店業務、産業廃棄物の処理業務を合わせたその他の収入は1億6千8百万円(前年同四半期比11.
9%の増収)、セグメント利益は1千8百万円(前年同四半期比4.8%の増益)となりました。




-2-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


(2)財政状態に関する説明
当第2四半期連結会計期間末の資産の部は、前連結会計年度末と比べて、1億1百万円減少し、388億8千2
百万円となりました。これは主に、受取手形及び営業未収入金の減少によるものであります。
負債の部は、前連結会計年度末と比べて、4億2千1百万円減少し、261億7百万円となりました。これは主
に、支払手形及び営業未払金の減少、有利子負債の返済によるものであります。
純資産の部は、前連結会計年度末と比べて、3億2千万円増加し、127億7千5百万円となりました。これは
主に、四半期純利益、配当金の支払い、その他有価証券評価差額金の増加によるものであります。


(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
連結通期業績予想につきましては、平成25年11月1日に公表いたしました「営業外収益の計上及び平成26
年3月期第2四半期累計期間業績予想値と実績値の差異に関するお知らせ」にあります営業外収益(貸倒引当金戻
入額)の計上による影響のほか、同日公表いたしました「固定資産の撤去に伴う特別損失の計上に関するお知ら
せ」にありますように、平成26年3月期第4四半期の連結決算において特別損失(固定資産処分損)の計上が予
定されること、さらに下期の業績も消費税増税前の不確定要因を考慮する必要があり、現在精査中であります。
今後、業績予想の修正が必要と判断される場合には、速やかにお知らせいたします。
(注)上記の業績予想は、現時点で入手可能な情報に基づき当社で判断したものであり、実際の業績は予想と異な
る可能性があります。




-3-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信

2.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年9月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金 788,002 701,264
受取手形及び営業未収入金 4,285,677 3,918,192
たな卸資産 275,439 197,471
繰延税金資産 128,149 146,259
その他 173,574 507,425
貸倒引当金 △6,764 △7,361
流動資産合計 5,644,079 5,463,251
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物 22,250,366 22,858,005
減価償却累計額 △15,019,155 △15,217,827
建物及び構築物(純額) 7,231,210 7,640,177
機械装置及び運搬具 2,333,110 2,420,985
減価償却累計額 △2,000,787 △2,022,341
機械装置及び運搬具(純額) 332,322 398,644
土地 21,973,338 22,027,769
リース資産 734,609 440,846
減価償却累計額 △306,907 △223,080
リース資産(純額) 427,702 217,766
建設仮勘定 61,972 26,043
その他 1,158,568 1,159,610
減価償却累計額 △988,617 △976,159
その他(純額) 169,951 183,450
有形固定資産合計 30,196,498 30,493,851
無形固定資産
リース資産 16,018 10,889
その他 6,683 5,952
無形固定資産合計 22,702 16,842
投資その他の資産
投資有価証券 2,261,364 2,445,405
繰延税金資産 55,814 60,929
その他 1,372,729 726,917
貸倒引当金 △570,063 △324,632
投資その他の資産合計 3,119,844 2,908,620
固定資産合計 33,339,045 33,419,313
繰延資産
社債発行費 1,048 419
繰延資産合計 1,048 419
資産合計 38,984,173 38,882,984




-4-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


(単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年9月30日)
負債の部
流動負債
支払手形及び営業未払金 2,577,628 2,347,716
短期借入金 6,750,000 5,900,000
1年内返済予定の長期借入金 2,418,890 2,653,986
1年内償還予定の社債 100,000 50,000
リース債務 111,896 82,384
未払法人税等 134,498 218,679
賞与引当金 82,842 84,294
資産除去債務 15,600 15,600
その他 930,699 917,696
流動負債合計 13,122,055 12,270,358
固定負債
長期借入金 4,897,995 5,303,150
リース債務 345,742 155,683
繰延税金負債 1,390,773 1,524,772
再評価に係る繰延税金負債 5,806,436 5,806,436
退職給付引当金 605,807 692,627
役員退職慰労引当金 102,873 100,365
環境対策引当金 20,810 20,810
資産除去債務 91,197 92,182
その他 145,374 141,191
固定負債合計 13,407,010 13,837,220
負債合計 26,529,065 26,107,578
純資産の部
株主資本
資本金 1,950,000 1,950,000
資本剰余金 809,459 809,459
利益剰余金 904,631 1,096,096
自己株式 △6,757 △6,757
株主資本合計 3,657,333 3,848,798
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金 248,246 377,080
土地再評価差額金 8,549,526 8,549,526
その他の包括利益累計額合計 8,797,773 8,926,607
純資産合計 12,455,107 12,775,406
負債純資産合計 38,984,173 38,882,984




-5-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年9月30日) 至 平成25年9月30日)
売上高
運輸作業収入 4,614,881 4,864,335
港湾営業収入 106,354 97,987
不動産売上高 169,856 170,122
機械営業収入 682,267 861,144
ホテル営業収入 1,603,756 1,423,950
商品売上高 1,781,296 1,627,251
その他の事業収入 685,633 685,826
売上高合計 9,644,045 9,730,618
売上原価
運輸作業費 4,227,755 4,453,217
港湾営業費 93,467 84,802
不動産売上原価 64,722 62,764
機械営業費 647,362 802,946
ホテル営業費 1,333,953 1,215,287
商品売上原価 1,727,588 1,589,090
その他の事業費用 451,538 465,769
売上原価合計 8,546,388 8,673,879
売上総利益 1,097,656 1,056,739
販売費及び一般管理費 797,719 720,860
営業利益 299,937 335,878
営業外収益
受取利息 3,748 3,091
受取配当金 21,069 29,859
貸倒引当金戻入額 22,843 247,867
雑収入 43,690 14,079
営業外収益合計 91,351 294,897
営業外費用
支払利息 87,917 80,750
雑支出 6,697 2,268
営業外費用合計 94,615 83,019
経常利益 296,673 547,756
特別利益
固定資産売却益 2,919 3,015
退職給付引当金戻入額 - 5,462
特別利益合計 2,919 8,478
特別損失
固定資産処分損 26,962 15,269
投資有価証券評価損 162,197 3,999
特別損失合計 189,160 19,269
税金等調整前四半期純利益 110,432 536,964
法人税、住民税及び事業税 59,204 212,011
法人税等調整額 △62,544 52,554
法人税等合計 △3,340 264,566
少数株主損益調整前四半期純利益 113,772 272,398
四半期純利益 113,772 272,398




-6-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年9月30日) 至 平成25年9月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益 113,772 272,398
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 △184,185 128,833
土地再評価差額金 △1,417 -
その他の包括利益合計 △185,602 128,833
四半期包括利益 △71,830 401,231
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 △71,830 401,231




-7-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。

(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。

(セグメント情報等)
セグメント情報
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成24年4月1日 至 平成24年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
機械販売 ホテル事業 商品販売 合計
(注)
運輸部門 不動産部門 計
部門 部門 部門

売上高

外部顧客への売上高 5,223,591 169,856 714,698 1,603,756 1,781,296 9,493,199 150,846 9,644,045

セグメント間の内部
4,505 12,332 24,577 5,110 28,510 75,034 52 75,087
売上高又は振替高

計 5,228,096 182,188 739,275 1,608,866 1,809,806 9,568,233 150,899 9,719,133

セグメント利益又は
88,898 106,815 △27,319 82,699 30,050 281,144 17,771 298,916
損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険代理店業務、産業廃棄物の処理業
務等を含んでおります。


2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主
な内容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益 金額

報告セグメント計 281,144
「その他」の区分の利益 17,771

セグメント間取引消去 504

その他の調整額 516

四半期連結損益計算書の営業利益 299,937


3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。




-8-
株式会社リンコーコーポレーション(9355) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成25年4月1日 至 平成25年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
機械販売 ホテル事業 商品販売 合計
(注)
運輸部門 不動産部門 計
部門 部門 部門

売上高

外部顧客への売上高 5,459,232 170,122 881,480 1,423,950 1,627,251 9,562,038 168,579 9,730,618

セグメント間の内部
4,160 12,332 25,527 3,915 25,461 71,397 204 71,601
売上高又は振替高

計 5,463,393 182,455 907,008 1,427,866 1,652,713 9,633,436 168,783 9,802,220

セグメント利益又は
153,023 109,608 △1,041 33,315 22,074 316,979 18,621 335,601
損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険代理店業務、産業廃棄物の処理業
務等を含んでおります。


2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主
な内容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益 金額

報告セグメント計 316,979
「その他」の区分の利益 18,621

セグメント間取引消去 481

その他の調整額 △203

四半期連結損益計算書の営業利益 335,878


3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。




-9-

Origin: 平成26年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

リンコーコーポレーションの株価 »