シンジケートローン契約締結及び当座貸越型契約締結に関するお知らせ

8423 アクリーティブ

 2014年01月28日15時00分


平成 26 年1月 28 日 
各      位 
東京都中央区新川一丁目 28 番 44 号 
アクリーティブ株式会社 
  代表取締役 社長  向井  徹 
(コード番号:8423  東証一部) 
問い合わせ先  執行役員 財務部長  高山  浩 
TEL  03−3552−8701 
 
 
シンジケートローン契約締結及び当座貸越型契約締結に関するお知らせ 
 
当社は、平成 26 年1月 28 日付で、下記のとおり株式会社みずほ銀行及び株式会社三井住友銀行
をアレンジャー、株式会社りそな銀行をジョイント・アレンジャーとする、債権買取資金の確保を
目的としたシンジケートローン契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。また、当社と当
該三行との間でそれぞれ当座貸越型契約を締結いたしましたので、併せてお知らせいたします。 
 
記 


1.資金調達の概要 
(1)シンジケートローン契約の概要 
①  組成金額  105 億円 
②  契約締結日  平成 26 年1月 28 日 
③  契約期間  平成 26 年1月 31 日から平成 28 年1月 29 日まで(2年間) 
④  アレンジャー  株式会社みずほ銀行及び株式会社三井住友銀行 
⑤  ジョイント・アレンジャー   株式会社りそな銀行 
⑥  参加金融機関  株式会社みずほ銀行 
株式会社三井住友銀行 
株式会社りそな銀行 
 
(2)当座貸越型契約の概要 
①  契約先・契約極度額  株式会社みずほ銀行  10 億円  
株式会社三井住友銀行  10 億円 
株式会社りそな銀行  10 億円 
②  契約締結日  平成 26 年1月 28 日 
     
 
     
 
     
2.資金調達の目的 
本資金調達は、当社の主力事業である債権買取に必要な資金の確保を目的としております。
当社グループは、金融サービスとアウトソーシングサービスを融合させ、中小企業における資
金繰りの改善を支援するサービスを提供しており、今後も継続して中小企業の資金ニーズに迅速
かつ円滑に応えるため、引き続き、シンジケートローンを組成することといたしました。なお、
当該契約の借入期間について、これまでの1年間から2年間の長期契約とすることにより、安定
した債権買取資金の確保が可能となることに加え、併せて当座貸越枠を設定することで、効率的
な資金調達が可能となる見込みです。
本資金調達により、今後さらに債権買取事業を積極的に推進し、収益の向上に努めてまいりま
す。

3.今後の見通し 
本件による、平成 25 年5月7日公表の平成 26 年3月期連結業績予想の変更はありません。


以    上

Origin: シンジケートローン契約締結及び当座貸越型契約締結に関するお知らせ

アクリーティブの株価 »