資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分に関するお知らせ

8423 アクリーティブ

 2011年06月08日11時45分


平成 23 年6月8日
各位
千葉県市川市南八幡四丁目9番1号
株式会社フィデック
代表取締役社長

向井



(コード番号:8423 東証一部)
問い合わせ先

取締役 財務部長
TEL

菅原



047−314−0650

資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分に関するお知らせ
当社は、平成23年6月8日開催の取締役会において、平成23年6月24日開催予定の第12期定時株主
総会に、下記のとおり資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分について付議することを決
議いたしましたので、お知らせいたします。


1. 資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分の目的
欠損金を補填して、資本構成の是正と財務体質の健全化を図るとともに、早期に復配する態
勢を実現することを目的として、会社法 447 条第1項の規定に基づき資本金を減少し、また会
社法 448 条第1項の規定に基づき資本準備金の取り崩しを行い、
その他資本剰余金に振り替え、
増加するその他資本剰余金を会社法 452 条の規定に基づき繰越利益剰余金に振り替えるもので
あります。
本件は「純資産の部」における勘定の振り替え処理であり、当社の純資産に変動を生じるも
のではありません。また発行済株式総数並びに1株当たりの純資産に変更を生じるものではな
く、株主の皆様のご所有株式数に影響を与えるものではございません。
2. 資本金の額の減少の要領
会社法 447 条第1項の規定に基づき資本金の額を減少し、減少した金額をその他資本剰余金
に振り替えるものです。資本金の額の減少におきましては、発行済株式総数の変更は行わず、
資本金の額のみ減少いたします。
① 減少する資本金の額
3,546,872,990 円
② 増加するその他資本剰余金の額
3,546,872,990 円
3. 資本準備金の額の減少の要領
会社法 448 条第1項の規定に基づき資本準備金の額を減少し、減少した金額をその他資本剰
余金に振り替えるものです。資本準備金の額の減少におきましては、発行済株式総数の変更は
行わず、資本準備金の額のみ減少いたします。
① 減少する資本準備金の額
4,876,077,486 円
② 増加するその他資本剰余金の額
4,876,077,486 円

4. 剰余金の処分の要領
会社法 452 条の規定に基づき、上記2及び3で振り替えたその他資本剰余金のうち、
8,422,950,476 円を繰越利益剰余金に振り替え、欠損を補填いたします。
① 減少する剰余金の項目及びその額
その他資本剰余金
② 増加する剰余金の項目及びその額
繰越利益剰余金

8,422,950,476 円
8,422,950,476 円

5. 減少後の資本構成

(単位:千円)
平成 23 年3月期





減資他手続き後

増減額



4,768,696

1,221,823

△3,546,872

資本準備金

4,876,077

0

△4,876,077

繰越利益剰余金

△8,422,950

0

+8,422,950

1,221,823

1,221,823

±0

株主資本合計
6. 今後の日程
取 締 役 会 決 議
定時株主総会決議日
債権者異議申述公告日
債権者異議申述最終期日
効 力 発 生 日

平成 23 年6月8日 (本日)
平成 23 年6月 24 日(予定)
平成 23 年6月 28 日(予定)
平成 23 年7月 28 日(予定)
平成 23 年7月 29 日(予定)

7. 今後の見通し
上記の資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分は、「純資産の部」の勘定振り替
え処理になりますので、当社の純資産額の変更はございません。したがいまして、本件が当社
の連結業績に与える影響はございません。
なお、
上記内容につきましては、
平成 23 年6月 24 日開催予定の第 12 期定時株主総会に付議
する「資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分の件」の議案が承認可決されること
を条件としております。






Origin: 資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分に関するお知らせ

アクリーティブの株価 »