平成24年3月期決算短信[日本基準](連結)(29)

5815 沖電線

 2012年04月25日15時30分



沖電線(株)(5815)平成24年3月期 決算短信

(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
当社は、退職一時金制度および確定給付型の確定給付企業年金制度を設けております。
また、連結子会社は退職一時金制度を設けております。
なお、当社において退職給付信託を設定しております。
当社は、OKI企業年金基金に加入しております。
2.退職給付債務に関する事項
前連結会計年度
(平成23年3月31日)

 

 (1)退職給付債務(千円)

当連結会計年度
(平成24年3月31日)

△3,837,714

 (2)年金資産(退職給付信託含む)(千円)

△3,675,047

1,864,524

1,961,650

△1,973,190

△1,713,396

 (4)未認識過去勤務債務(債務の減額)(千円)

△158,348

△116,684

 (5)未認識数理計算上の差異(千円)

1,038,554

642,282

△1,092,984

△1,187,798

 (3)未積立退職給付債務(千円)(1)+(2)

 (6)退職給付引当金(千円)(3)+(4)+(5)

(注)連結子会社の退職給付債務の算定にあたっては、簡便法を採用しております。
3.退職給付費用に関する事項
 

(自


前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)

退職給付費用

(自


当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)

379,620

340,732

(1)勤務費用(千円)

95,870

95,020

(2)利息費用(千円)

79,087

80,441

(3)期待運用収益(減算)(千円)

△16,784

△24,562

(4)過去勤務債務の費用処理額(減算)(千円)

△47,179

△47,681

268,626

237,513

(5)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
(注)連結子会社の退職給付費用は「(1)勤務費用」に計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
(1)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
(2)割引率

当連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)

前連結会計年度
(自  平成22年4月1日
至  平成23年3月31日)
2.1%

2.1%

(3)期待運用収益率
当連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)

前連結会計年度
(自  平成22年4月1日
至  平成23年3月31日)
1.0%

1.5%

(4)過去勤務債務の額の処理年数
10年(発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により発生年度から費用処
理しております。)
(5)数理計算上の差異の処理年数
10年(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により按
分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。)

- 29 -

-29-

Origin: 平成24年3月期決算短信[日本基準](連結)

沖電線の株価 »