平成25年2月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

4920 日本色材工業研究所

 2012年10月11日16時40分


平成25年2月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成24年10月11日
上場会社名 株式会社 日本色材工業研究所
コード番号 4920
URL http://www.shikizai.com
代表者
(役職名) 代表取締役社長
(氏名) 奥村 浩士
問合せ先責任者 (役職名) 常務取締役経営統括本部長
(氏名) 土谷 康彦
四半期報告書提出予定日
平成24年10月12日
配当支払開始予定日

四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無
: 有 (機関投資家・アナリスト他向け)

上場取引所



TEL 03-3456-0561

(百万円未満切捨て)

1.  平成25年2月期第2四半期の連結業績(平成24年3月1日~平成24年8月31日)
(1) 連結経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

(注)包括利益

百万円



百万円



百万円



3,756
3,637

25年2月期第2四半期
24年2月期第2四半期



3.3
7.1

220
249

△11.6
27.9

187
200

△6.6
40.8

114
274

△58.1
103.6

25年2月期第2四半期 112百万円 (△63.6%)
24年2月期第2四半期 307百万円 (―%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭

25年2月期第2四半期
24年2月期第2四半期

円銭

26.66
63.65




(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

25年2月期第2四半期
24年2月期
(参考) 自己資本

百万円



1,626
1,578
24年2月期 1,578百万円

7,280
6,938
25年2月期第2四半期 1,626百万円

22.3
22.8

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

24年2月期
25年2月期
25年2月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



0.00
0.00

円銭

15.00

15.00






円銭

10.00

10.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無
3. 平成25年 2月期の連結業績予想(平成24年 3月 1日~平成25年 2月28日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


百万円

通期
7,326
2.0
460
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 無

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

14.9

396

22.8

238

△24.3

55.21

※  注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
新規 ― 社 (社名)
、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
: 無
② ①以外の会計方針の変更
: 無
③ 会計上の見積りの変更
: 無
④ 修正再表示
: 無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

25年2月期2Q
25年2月期2Q
25年2月期2Q

4,318,444 株 24年2月期
5,672 株 24年2月期
4,312,805 株 24年2月期2Q

4,318,444 株
5,573 株
4,312,937 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく
四半期財務諸表のレビュー手続は終了しております。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき記載しております。実際の業績は、今
後様々な要因により予想とは異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、四半期決算短
信(添付資料)P.3「(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………

2

(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………

3

(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………

3

2.サマリー情報(その他)に関する事項 …………

4

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………

4

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………

4

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………

4

(4)追加情報 …………

4

3.四半期連結財務諸表 …………

5

(1)四半期連結貸借対照表 …………

5

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………

7

四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間 …………

7

四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間 …………

8

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 …………

9

(4)継続企業の前提に関する注記 …………

10

(5)セグメント情報等 …………

10

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

10

- 1 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、震災復興需要や雇用環境の緩やかな改善に伴い、景気回復の
兆しを見せておりましたが、欧州債務問題に端を発した世界的な景気減速懸念や中国ほか新興国における経済成長
の鈍化、円高の長期化などの要因により、依然として、先行き不透明な環境が続いております。
化粧品業界は、経済産業省発表の「化粧品品目別出荷動向」(平成24年1月~7月累計)によると、スキンケア
化粧品・メイクアップ化粧品ともに、低価格化の浸透などにより、出荷個数は増加をみているものの出荷金額は伸
び悩んでおり、依然として厳しい市場環境となっております。
このような事業環境のもと、当社グループは、中期成長戦略の一つである「更なる成長に向けた事業構造改革プ
ロジェクト(STEP-UP80)」の枠組みの中で、ファンデーション、ライナー・マスカラ、UV製品などの戦略的注力
領域における新処方・新技術の開発、生産性向上及びコスト削減に向けた取り組み、製品開発力と技術力を活かし
たグローバルな企画提案型営業などに注力してまいりました。しかし、円高等の影響により、全般的に輸出が前年
同期と比べ伸び悩み、苦戦を強いられる結果となりました。
この結果、当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高3,756百万円(前年同期比3.3%増)、営業利
益220百万円(同11.6%減)、経常利益187百万円(同6.6%減)、四半期純利益は114百万円(同58.1%減)となり
ました。
セグメントの業績の概況は、次のとおりです。
(日本)
国内の化粧品事業は、円高等の影響から輸出が伸び悩んだほか、ファンデーションやアイシャドー・チーク類が
計画に比べて落ち込みましたが、クリーム類を中心としたスキンケア化粧品や口紅類、白粉・打粉類が前年同期を
上回る受注を獲得した結果、国内全体の売上高は前年同期と比べ52百万円増加しました。
一方収益面では、「STEP-UP80」の施策として取り組んだ生産性向上のための設備投資により減価償却費や修繕
費が増加したことに加え、今春より取り組んできた品質管理向上のための費用の増加などにより前年同期と比べ減
益となりました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は3,238百万円(前年同期比1.7%増)、営業利益は211百万円
(同28.8%減)となりました。
(仏国)
子会社THEPENIER PHARMA INDUSTRIE S.A.S.(以下、テプニエ社という)の所在する欧州経済は、債務危機問題
が深刻化するなか、消費需要の低迷や雇用情勢の悪化など、依然として厳しい情勢が続いております。
このような事業環境のもと、テプニエ社では、グループあげてのグローバルなマーケティングが奏効し、メイク
アップ化粧品の受注が好調であったことに加え、原価低減施策に取り組んだ結果、利益を確保することができまし
た。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は554百万円(前年同期比14.9%増)、営業利益は9百万円(前
年同期は45百万円の営業損失)となりました。

- 2 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(2)連結財政状態に関する定性的情報
① 資産、負債及び純資産の状況
当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ、341百万円増加し、7,280百万円とな
りました。総資産の増加は、流動資産が80百万円減少し、固定資産が422百万円増加したことによるものでありま
す。流動資産の主な減少要因は、平成24年6月13日付で公表しました「固定資産の取得に関するお知らせ」に記載
のとおり、茨城県つくば市に取得した固定資産(以下「つくば工場」という)の取得資金として定期預金252百万
円を充当したことにより、現金及び預金が243百万円減少し、受取手形及び売掛金が151百万円、たな卸資産が90百
万円増加し、その他が79百万円減少したことによるものであります。固定資産の主な増加要因は、建物及び構築物
が21百万円減少し、機械装置及び運搬具が87百万円、土地が163百万円、その他が188百万円増加したことによるも
のであります。このうち、土地及びその他の主な増加要因は、つくば工場の取得によるものであります。
一方、負債合計は、前連結会計年度末に比べ、294百万円増加し、5,654百万円となりました。負債合計の増加
は、流動負債が61百万円増加し、固定負債が232百万円増加したことによるものであります。流動負債の主な増加
要因は、支払手形及び買掛金が58百万円、短期借入金が49百万円、未払法人税等が20百万円、賞与引当金が46百万
円増加し、役員賞与引当金が24百万円、その他が89百万円減少したことによるものであります。固定負債の主な増
加要因は、長期借入金が334百万円増加し、社債が100百万円減少したことによるものであります。
純資産は、前連結会計年度末に比べ、47百万円増加し、1,626百万円となりました。主な増加要因は、株主資本
が、当第2四半期連結会計期間の利益剰余金が50百万円増加し、1,744百万円となりましたが、為替換算調整勘定
が前連結会計年度末より4百万円減少したため、その他の包括利益累計額が2百万円減少して△118百万円となった
ことによるものであります。


キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末より
244百万円減少して437百万円となりました。主な減少要因はつくば工場の取得によるものであります。各キャッシ
ュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果増加した資金は、87百万円(前年同期は151百万円の増加)となりました。これは主に、税金等
調整前四半期純利益187百万円、減価償却費145百万円、仕入債務の増加額68百万円、賞与引当金の増加額46百万
円、支払利息35百万円、法人税等の還付額20百万円、その他14百万円から得られた資金から売上債権の増加額161
百万円、未払金の減少額118百万円、たな卸資産の増加額92百万円、利息の支払額36百万円、役員賞与引当金の減
少額24百万円を差し引いた結果によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果減少した資金は、557百万円(前年同期は145百万円の増加)となりました。これは主に、つくば
工場の取得による支出370百万円によるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果増加した資金は、227百万円(前年同期は391百万円の減少)となりました。これは主に、長期借
入れによる収入1,070百万円と長期借入金の返済による支出686百万円、社債の償還による支出100百万円、配当金
の支払額64百万円によるものであります。

(3)連結業績予想に関する定性的情報
平成25年2月期の通期連結業績予想につきましては、平成24年4月17日に公表しました業績予想に変更はござい
ません。

- 3 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。
(4)追加情報
(会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準等の適用)
第1四半期連結会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び
誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に
関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号 平成21年12月4日)を適用しております。
(表示方法の変更)
前連結会計年度において連結貸借対照表の流動負債の「その他」に含めて表示しておりました従業員に対する
賞与につきまして、実態に即したより適切な開示を行うため、第1四半期連結会計期間より「賞与引当金」とし
て区分掲記しております。
この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。この結
果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、流動負債の「その他」に表示しておりました42,884千円は、
「賞与引当金」として組替えております。
(賞与引当金)
当社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額のうち、当四半期連結会計期間末にお
ける負担額を計上しております。

- 4 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表

(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成24年2月29日)

資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
たな卸資産
その他
貸倒引当金
流動資産合計
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
機械装置及び運搬具(純額)
土地
その他(純額)
有形固定資産合計
無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計

当第2四半期連結会計期間
(平成24年8月31日)

817,300
1,677,126
960,548
253,976
△569
3,708,382

1,197,045
286,293
1,187,580
88,343
2,759,263

7,280,386

967,380
1,282,610
200,200

42,884
24,200
2,014
794,195
3,313,485

1,026,350
1,332,141
200,200
20,089
89,272

1,974
704,785
3,374,814

299,700
1,387,575
65,735
172,910
120,648

199,600
1,721,736
68,353
172,910
116,882

2,046,568

2,279,481

5,360,054

- 5 -

3,652,485

6,938,660

負債合計

166,362
165,191
△50,364
281,188

3,230,278

流動負債合計
固定負債
社債
長期借入金
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他
固定負債合計

194,606

166,760
157,623
△51,369
273,013

資産合計
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
1年内償還予定の社債
未払法人税等
賞与引当金
役員賞与引当金
偶発損失引当金
その他

1,175,348
373,318
1,351,521
276,500
3,176,689

198,001

固定資産合計

573,622
1,828,797
1,050,665
174,815

3,627,901

5,654,295

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(単位:千円)
前連結会計年度
(平成24年2月29日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
為替換算調整勘定
その他の包括利益累計額合計

当第2四半期連結会計期間
(平成24年8月31日)

552,749
781,854
362,230
△2,114
1,694,720
19,316
△8,675
△126,755
△116,114

- 6 -

1,626,091

6,938,660

負債純資産合計

19,271
△6,780
△131,366
△118,876

1,578,606

純資産合計

552,749
781,854
412,513
△2,150
1,744,967

7,280,386

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年8月31日)
売上高
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年3月1日
至 平成24年8月31日)

3,637,034
2,879,139
757,895

3,756,100
3,014,030
742,070

508,358
249,536

521,398
220,671

74
4,136
1,901
4,083
10,196

55
4,596

6,558
11,210

43,664
1,859
10,448
3,262
59,234

35,183


9,340
44,524

経常利益
特別利益
固定資産売却益
特別利益合計
特別損失
固定資産除却損
退職給付制度改定損
特別損失合計

200,498

187,358

5,843
5,843




4,166
69,450
73,617

334

334

税金等調整前四半期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法人税等合計

132,724

187,023

3,639
△145,437
△141,797

14,456
57,591
72,047

少数株主損益調整前四半期純利益

274,522

114,975

四半期純利益

274,522

114,975

営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
保険解約返戻金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
社債発行費
寄付金
その他
営業外費用合計

- 7 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年8月31日)

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年3月1日
至 平成24年8月31日)

少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
為替換算調整勘定
その他の包括利益合計

274,522

114,975

△5,974
△6,737
46,150
33,438

△45
1,894
△4,611
△2,762

四半期包括利益
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

307,961

112,213

307,961


112,213


- 8 -

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年8月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
賞与引当金の増減額(△は減少)
役員賞与引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
貸倒引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
社債発行費
固定資産売却損益(△は益)
固定資産除却損
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
未払金の増減額(△は減少)
未払消費税等の増減額(△は減少)
その他
小計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出
定期預金の払戻による収入
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
無形固定資産の取得による支出
投資有価証券の取得による支出
投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少)
長期借入れによる収入
長期借入金の返済による支出
社債の発行による収入
社債の償還による支出
自己株式の取得による支出
リース債務の返済による支出
配当金の支払額
その他

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年3月1日
至 平成24年8月31日)

132,724
134,443
44,106

△29,944
55
△4,211
43,664
1,859
△5,843
4,166
△167,551
△61,436
△20,879
15,925
101
112,888
200,067
4,231
△45,427
△7,836
151,034

△1,201
△244,048

741,330
650,161

- 9 -


1,070,000
△686,308

△100,100
△35
△5,858
△64,287
13,717
227,127

3,770
△91,168

現金及び現金同等物の四半期末残高

△52,000
52,000
△554,484

△2,815
△199
△557,499

△390,000
850,000
△835,010
98,140
△66,700
△30
△11,141
△42,853
6,544
△391,051

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
現金及び現金同等物の期首残高

4,652
△36,452
20,641
87,525

△74,500
127,000
△46,611
144,060
△4,870

145,077

財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物に係る換算差額

187,023
145,709
46,388
△24,200
4,092
△569
△4,652
35,183


334
△161,317
△92,636
68,216
△118,174
△1,589
14,876
98,685

681,187
437,138

㈱日本色材工業研究所(4920)平成25年2月期 第2四半期決算短信

(4)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。
(5)セグメント情報等
(セグメント情報)
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成23年3月1日 至 平成23年8月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
日本

仏国



調整額
(注)1

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

売上高
外部顧客への売上高
セグメント間の内部売上高又は
振替高

セグメント利益又は損失(△)

3,154,686

482,348

3,637,034



3,637,034

30,632



30,632

△30,632



3,185,318

482,348

3,667,667

△30,632

3,637,034

297,287

△45,166

252,120

△2,584

249,536

(注)1.セグメント利益又は損失の調整額△2,584千円は、セグメント間取引消去であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。


当第2四半期連結累計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
日本

仏国



調整額
(注)1

四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

売上高
外部顧客への売上高
セグメント間の内部売上高又は
振替高

セグメント利益

3,201,833

554,267

3,756,100



3,756,100

36,452



36,452

△36,452



3,238,286

554,267

3,792,553

△36,452

3,756,100

211,573

9,146

220,720

△48

220,671

(注)1.セグメント利益の調整額△48千円は、セグメント間取引消去であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。

- 10 -


Origin: 平成25年2月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

日本色材工業研究所の株価 »