平成24年3月期第2四半期連結累計期間の業績と前年同期実績との差異に関するお知らせ

4304 Eストアー

 2011年11月09日15時10分


平成 23 年 11 月9日
各位
会 社 名
代 表 者
コード番号
問い合せ先

株式会社Eストアー
代表取締役 石村 賢一
4304
取締役兼執行役員
コーポレートセンター担当
柳田 要一
03-3595-1106

TEL

平成 24 年3月期第2四半期連結累計期間の業績と前年同期実績との差異に関するお知らせ
当社は、業績の予想を開示しておりませんが、平成 24 年3月期第2四半期連結累計期間(平成 23
年4月1日~平成 23 年9月 30 日)の業績が、前年同期の実績値に比較して重要な差異を生じること
となりましたので、大阪証券取引所の開示規則に基づき、下記のとおりお知らせいたします。



平成 24 年3月期第2四半期連結累計期間業績と前年同期実績との差異
売上高
前年同期実績(A)
(平成 23 年3月期第2四半期
累計期間業績)

百万円

営業利益

経常利益

百万円

百万円

四半期純利益
百万円

1株当たり
四半期純利益




1,973

289

293

159

3,592

64

2,375

250

251

152

3,574

47

増減額(B-A)

401

△38

△41

△7



増減率(%)

20.3

△13.4

△14.1

△4.6



今回発表実績(B)
(平成 24 年3月期第2四半期
連結累計期間業績)

(注)当社は平成 24 年3月期第1四半期より四半期連結財務諸表を作成しています。平成 23 年3月期第
2四半期累計期間業績は、個別財務諸表の数値を記載しています。



差異が生じた理由
当社は、平成 23 年6月 30 日を連結基準日とし、株式会社プレシジョンマーケティングを連結
子会社化しており、当期より連結財務諸表を作成しております。
その結果、当第2四半期連結累計期間につきましては、連結による同社業績の加算により、売
上高は前第2四半期累計期間に比べ 401 百万円
(対前年同期実績 120.3%)
の増加となっておりま
す。
また、当該期は当初より、近未来への積極投資年度と位置付けており、より顧客の業績拡大を
意識した機能追加や新しい事業への投資、また開発系と顧客対応に関する人材投資を過去最大に
進めていることにより、前第2四半期累計期間に比べ利益が減少しております。





Origin: 平成24年3月期第2四半期連結累計期間の業績と前年同期実績との差異に関するお知らせ

Eストアーの株価 »