平成27年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2927 AFC−HDアムスライフサイエンス

 2015年01月09日15時20分


平成27年8月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成27年1月9日
上場会社名 株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス 上場取引所 東
コード番号 2927 URL http://www.ams-life.com/
代表者 (役職名) 代表取締役 (氏名) 淺山雄彦
問合せ先責任者 (役職名) 取締役社長室長 (氏名) 白鳥弘之 TEL 054-281-5238
四半期報告書提出予定日 平成27年1月14日
配当支払開始予定日 ―
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無 : 無

(百万円未満切捨て)
1. 平成27年8月期第1四半期の連結業績(平成26年9月1日~平成26年11月30日)
(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
27年8月期第1四半期 3,371 △2.4 173 △20.6 166 △17.6 99 △23.0
26年8月期第1四半期 3,455 △5.7 218 △16.0 201 △15.9 129 9.6
(注)包括利益 27年8月期第1四半期 111百万円 (△27.3%) 26年8月期第1四半期 153百万円 (18.8%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭 円銭
27年8月期第1四半期 8.41 8.37
26年8月期第1四半期 10.92 ―

(2) 連結財政状態
総資産 純資産 自己資本比率
百万円 百万円 %
27年8月期第1四半期 16,757 6,670 38.8
26年8月期 16,811 6,570 38.4
(参考)自己資本 27年8月期第1四半期 6,504百万円 26年8月期 6,451百万円


2. 配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円銭 円銭 円銭 円銭 円銭
26年8月期 ― 5.00 ― 5.00 10.00
27年8月期 ―
27年8月期(予想) 5.00 ― 5.00 10.00
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無


3. 平成27年 8月期の連結業績予想(平成26年 9月 1日~平成27年 8月31日)
(%表示は、通期は対前期、四半期は対前年同四半期増減率)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり当期
純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭
第2四半期(累計) 7,000 1.6 330 △6.0 300 △5.6 170 △16.9 14.31
通期 14,000 2.0 750 32.9 700 37.9 400 41.4 33.67
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 無
※ 注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無
② ①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 27年8月期1Q 12,189,720 株 26年8月期 12,189,720 株
② 期末自己株式数 27年8月期1Q 311,739 株 26年8月期 311,739 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 27年8月期1Q 11,877,981 株 26年8月期1Q 11,877,981 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続きの対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく
四半期財務諸表のレビュー手続きは終了しておりません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績の見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際
の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。なお、業績予想に関する事項は、四半期決算短信の添付資料3ページ「(3)連結業績予想などの
将来予測情報に関する説明」をご覧ください。
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信

 
○添付資料の目次



1.当四半期決算に関する定性的情報 …………2

(1)経営成績に関する説明 …………2

(2)財政状態に関する説明 …………3

(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………3

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………4

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………4

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………4

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………4

3.四半期連結財務諸表 …………5

(1)四半期連結貸借対照表 …………5

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………7

(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 …………9

(継続企業の前提に関する注記) …………9

(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) …………9

(セグメント情報等) …………9




― 1 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第1四半期(平成26年9月1日~平成26年11月30日)におけるわが国の経済は、企業収益の改善が見られるな
ど緩やかな回復基調が続きました。一方、海外景気の下振れなどが国内経済を下押しする懸念要因となっておりま
す。
当社グループが属する健康食品業界は、高齢者人口の増加と消費者の健康維持・増進、美容・アンチエイジング
に対する意識の高さから、今後とも潜在需要は引き続き堅調に推移するものと思われます。しかしながら、消費増
税の影響が長引いたことに加え、企業間の競争は価格競争の面で一段と激しさを増しており、厳しい経営環境が続
いております。
このような状況の下、主軸OEM部門においては受注が堅調に推移し増収となったものの、厳しい経営環境に加
え、前期に行った不採算店舗の閉鎖が影響し直販部門が減収となり、当第1四半期連結売上高は3,371百万円(前
年同期比2.4%減)となりました。損益については、減収による売上総利益の減少が影響し、営業利益は173百万円
(前年同期比20.6%減)、経常利益は166百万円(前年同期比17.6%減)、四半期純利益は99百万円(前年同期比
23.0%減)となりました。
 
セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。


①ヘルスケア事業
・OEM部門
当社グループの主力事業である当部門は、青汁やスムージーなど一般食品寄りの商品が伸長し、売上高は前年同
期比3.5%増となりました。
機能性表示の解禁を含む新制度への対応については、消費者庁のガイドラインの提示があり次第、早急に取り組
める体制を整えております。
 
・海外部門
アジア地域を主な取引先とする当部門は、市場でのコラーゲンドリンクの低迷を受け、新商品の投入や新規顧客
の獲得に注力いたしました。フィリピンにおいて美容商材が好調に推移したものの、高価格商材であるコラーゲン
ドリンクの不調を埋めきれず、当部門の売上高を伸ばすまでには至りませんでした。
 
・通信販売部門
前期に続き定番人気商材のリニューアルを進め、新シリーズ“GOLDシリーズ”3種を発売しました。また、
インターネット販売において顧客ニーズに合った商品ラインアップの拡充が奏功いたしました。しかしながら、健
康食品における通販市場の競争激化や消費増税による顧客の購買意欲の低下などにより、当部門の売上高は前年同
期を下回る結果となりました。
 
・卸販売部門
主要販路であるドラッグストア及び量販店へ新商品の導入を進めました。しかしながら、店頭における販売促進
不足により、部門売上高は前年同期を下回る結果となりました。
課題である店頭での商品PRの方法、ブランドイメージの訴求など販売促進活動の見直しを行っており、販路に
適した新商品の投入とともに注力してまいります。
 
・店舗販売部門
当部門は“百貨店における店舗販売”“百貨店とタイアップした通信販売”“百貨店外商部での販売強化”の3
つを販路としております。店舗販売では新たに定期購入への誘導を行い優良顧客の囲い込みに努めました。また、
通信販売ではタイアップ先が2社増加しました。しかしながら、前期に行った不採算店舗の閉鎖が影響し、当部門
の売上高は前年同期を下回る結果となりました。
 
以上の結果、ヘルスケア事業の業績は、売上高3,047百万円(前年同期比1.9%減)、営業利益258百万円(前年
同期比5.5%減)(全社費用調整前)となりました。
 

― 2 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信

②医薬品事業
医薬品市場は、大別して医師の処方箋に基づき病院・診療所、調剤薬局で購入する医療用医薬品市場と、医師の
処方箋が要らず、ドラッグストアで購入する一般用医薬品市場に分けられます。
医療用医薬品事業は、主力の製造承認を取得した医療用漢方製剤40品目について、医師、薬剤師及び医薬品卸の
営業担当者に対して、品質・安全性の確保に対する取り組みのほか、同業他社の製品と比べ効能効果の同等性が極
めて高いこと及び患者さんの経済的負担(医療費の自己負担)が小さいことなどを説明してきました。
また、一般用医薬品事業についても、積極的な営業活動及び販売促進活動などを行いました。
しかしながら、競争激化や店舗販売部門における不採算店舗などの閉鎖が影響し、医薬品事業全体では、売上高
が323百万円(前年同期比7.3%減)、営業利益は31百万円(前年同期比11.1%減)(全社費用調整前)となりまし
た。
 
(2)財政状態に関する説明
①流動資産
当第1四半期連結会計期間末における流動資産合計は、前連結会計年度末に比べ23百万円増加し、8,140百万円
となりました。この増加要因は主として、有利子負債の返済を進めたことなどにより現金及び預金が155百万円減
少した反面、受取手形及び売掛金が122百万円、原材料及び貯蔵品が39百万円増加したことによるものでありま
す。
 
②固定資産
当第1四半期連結会計期間末における固定資産合計は、前連結会計年度末に比べ77百万円減少し、8,617百万円
となりました。この減少要因は主として、償却により有形固定資産が91百万円減少したことによるものでありま
す。
 
③流動負債
当第1四半期連結会計期間末における流動負債合計は、前連結会計年度末に比べ102百万円増加し、6,735百万円
となりました。この増加要因は主として、返済により短期借入金が41百万円減少した反面、支払手形及び買掛金が
99百万円、未払法人税等が59百万円増加したことによるものであります。
 
④固定負債
当第1四半期連結会計期間末における固定負債合計は、前連結会計年度末に比べ257百万円減少し、3,351百万円
となりました。この減少要因は主として、返済により長期借入金が222百万円減少したことによるものでありま
す。
 
⑤純資産
当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ100百万円増加し、6,670百万円と
なりました。この増加要因は、四半期純利益の計上により利益剰余金が40百万円増加したことに加え、株式報酬の
計上により新株予約権が38百万円増加したことによるものであります。
 
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
連結業績予想につきましては、平成26年10月10日の「平成26年8月期 決算短信」で公表いたしました第2四
半期連結累計期間及び通期の連結業績予想に変更はありません。
 




― 3 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
 
 
 
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
 
 
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。
 
 




― 4 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
                      (単位:千円)
                   
前連結会計年度 当第1四半期連結会計期間
(平成26年8月31日) (平成26年11月30日)
資産の部    
  流動資産    
    現金及び預金 4,119,317 3,963,680
    受取手形及び売掛金 1,689,861 1,812,161
    商品及び製品 870,795 879,294
    仕掛品 552,629 549,353
    原材料及び貯蔵品 662,069 701,440
    その他 227,951 239,430
    貸倒引当金 △5,602 △5,196
    流動資産合計 8,117,022 8,140,164
  固定資産    
    有形固定資産    
      建物及び構築物(純額) 3,047,322 2,999,228
      土地 4,075,187 4,075,187
      その他(純額) 885,348 842,093
      有形固定資産合計 8,007,859 7,916,509
    無形固定資産    
      のれん 6,122 5,867
      その他 39,829 36,654
      無形固定資産合計 45,951 42,521
    投資その他の資産    
      その他 664,475 682,036
      貸倒引当金 △23,369 △23,951
      投資その他の資産合計 641,106 658,085
    固定資産合計 8,694,917 8,617,116
  資産合計 16,811,940 16,757,281
負債の部    
  流動負債    
    支払手形及び買掛金 1,645,359 1,744,820
    短期借入金 3,796,273 3,755,271
    未払法人税等 41,679 100,833
    賞与引当金 92,700 121,120
    ポイント引当金 45,000 41,000
    その他 1,012,007 972,769
    流動負債合計 6,633,019 6,735,814
  固定負債    
    社債 350,000 350,000
    長期借入金 1,992,402 1,770,046
    役員退職慰労引当金 367,655 367,655
    退職給付に係る負債 208,219 209,191
    負ののれん 3,943 3,802
    その他 686,534 650,436
    固定負債合計 3,608,754 3,351,131
 
  負債合計 10,241,773 10,086,945
 




― 5 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




                      (単位:千円)
                   
前連結会計年度 当第1四半期連結会計期間
(平成26年8月31日) (平成26年11月30日)
純資産の部    
  株主資本    
    資本金 1,405,498 1,405,498
    資本剰余金 1,482,684 1,482,684
    利益剰余金 3,777,680 3,818,217
    自己株式 △228,223 △228,223
    株主資本合計 6,437,639 6,478,176
  その他の包括利益累計額    
    その他有価証券評価差額金 13,705 26,755
    その他の包括利益累計額合計 13,705 26,755
  新株予約権 118,820 157,416
  少数株主持分 - 7,986
  純資産合計 6,570,166 6,670,335
 
負債純資産合計 16,811,940 16,757,281
 




― 6 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第1四半期連結累計期間
                      (単位:千円)
                    前第1四半期連結累計期間 当第1四半期連結累計期間
(自 平成25年9月1日 (自 平成26年9月1日
至 平成25年11月30日) 至 平成26年11月30日)
売上高 3,455,557 3,371,031
売上原価 2,398,700 2,361,939
売上総利益 1,056,857 1,009,091
販売費及び一般管理費 838,212 835,487
営業利益 218,645 173,604
営業外収益    
  受取利息 21 27
  受取配当金 2,804 12,811
  受取賃貸料 2,648 4,914
  負ののれん償却額 140 140
  助成金収入 4,623 -
  その他 3,676 3,450
  営業外収益合計 13,915 21,344
営業外費用    
  支払利息 29,458 25,011
  その他 1,393 3,676
  営業外費用合計 30,852 28,688
経常利益 201,708 166,260
特別利益    
  投資有価証券売却益 2,863 1,127
  特別利益合計 2,863 1,127
特別損失    
  固定資産除却損 164 177
  特別損失合計 164 177
税金等調整前四半期純利益 204,407 167,209
法人税、住民税及び事業税 71,812 97,280
法人税等調整額 2,850 △28,791
法人税等合計 74,663 68,489
少数株主損益調整前四半期純利益 129,744 98,720
少数株主損失(△) - △1,206
 
四半期純利益 129,744 99,926
 




― 7 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




四半期連結包括利益計算書
第1四半期連結累計期間
                      (単位:千円)
                    前第1四半期連結累計期間 当第1四半期連結累計期間
(自 平成25年9月1日 (自 平成26年9月1日
至 平成25年11月30日) 至 平成26年11月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益 129,744 98,720
その他の包括利益    
  その他有価証券評価差額金 23,940 13,049
  その他の包括利益合計 23,940 13,049
四半期包括利益 153,684 111,769
(内訳)    
  親会社株主に係る四半期包括利益 153,684 112,976
 
  少数株主に係る四半期包括利益 - △1,206
 




― 8 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
 
 
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。
 
 
(セグメント情報等)
【セグメント情報】
Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自  平成25年9月1日  至  平成25年11月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
      (単位:千円)

報告セグメント
  合計
ヘルスケア事業 医薬品事業

売上高      

  外部顧客への売上高 3,106,680 348,877 3,455,557
  セグメント間の内部売上高
- - -
  又は振替高
計 3,106,680 348,877 3,455,557

セグメント利益 273,872 35,373 309,245
 




 
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
  (単位:千円)
利益 金額

報告セグメント計 309,245

全社費用(注) △90,599

四半期連結損益計算書の営業利益 218,645
 




(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
 
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。
 




― 9 ―
㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成27年8月期 第1四半期決算短信
 




Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自  平成26年9月1日  至  平成26年11月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
      (単位:千円)

報告セグメント
  合計
ヘルスケア事業 医薬品事業

売上高      

  外部顧客への売上高 3,047,649 323,382 3,371,031
  セグメント間の内部売上高
- - -
  又は振替高
計 3,047,649 323,382 3,371,031

セグメント利益 258,775 31,450 290,225
 




 
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
  (単位:千円)
利益 金額

報告セグメント計 290,225

全社費用(注) △116,621

四半期連結損益計算書の営業利益 173,604
 




(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
 
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。
 
 




― 10 ―

Origin: 平成27年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

AFC−HDアムスライフサイエンスの株価 »