平成24年8月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2927 AFC−HDアムスライフサイエンス

 2012年04月09日15時30分




ᐔᚑ፹፻ᐕ፿᦬ᦼᏆ╙፹྾ඨᦼ᳿▚⍴ା᫰ᣣᧄၮḰ᫱ᯘਗ਼⚿ᯙ፧

ᐔᚑ፹፻ᐕ፻᦬ᎀᣣ፧
਄႐ળ␠ฬ ᩣᑼળ␠ᎈᎍᎊ፴ᎏᎋ᭍ᮋ᭤ᮔ᭏ᮀ᭠᭏᭓ᮞ᭤
᭞ᮧ᭴⇟ภ ፹ᎀ፹፾
᎜᎙᎓ ᎯᎻᎻᎷᎁ፶፶ᎾᎾᎾ፵ᎨᎴᎺ፴ᎳᎰᎭᎬ፵ᎪᎶᎴ፶
ઍ‫؛‬Ě
ᯘᓎşฬᯙ ઍ‫؛‬ขᓎ
໧วᬎవ࡯છĚ ᯘᓎşฬᯙ ขᓎ␠ണቶണ
྾ඨᦼႎ๔ᦠឭ಴੍ቯᣣ
ᐔᚑ፹፻ᐕ፻᦬፸፺ᣣ
྾ඨᦼ᳿▚ٜࣧ‫ށ‬᣿ࢇᢱ૞ᚑᬡ᦭ή ᯪ ή
྾ඨᦼ᳿▚‫ށ‬᣿ળയ௅ᬡ᦭ή
ᯪ ᦭ ᯘ᭍᭵ᮕ᭤᭳ะᬄᯙ

਄႐ขᒁᚲ
ᯘ᳁ฬᯙ ᷜጊ෦ᒾ
ᯘ᳁ฬᯙ ⊕ᄭᒄਯ
ଙᒰᡰᛄയᆎ੍ቯᣣ

ᄢᏆ

᎛ᎌ᎓ ፷፼፻፴፹፿፸፴፼፹፺፿
ᐔᚑ፹፻ᐕ፼᦬፹፿ᣣ

ᯘ⊖ਁ౞ᧂḩಾᝥᬙᯙ፧

፸፵ᏆᏆᐔᚑ፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼᬡਗ਼⚿ᬺSᯘᐔᚑ፹፺ᐕᎀ᦬፸ᣣᰮᐔᚑ፹፻ᐕ፹᦬፹ᎀᣣᯙ፧
፯፸፰Ꮖਗ਼⚿⚻༡ᚑSᯘ⚥‫܈‬ᯙ

ᯘᯖ‫␜؛‬ᬢ᫞ኻ೨ᐕห྾ඨᦼჇᷫ₸ᯙ

ᄁ਄ဎ

༡ᬺ೑⋉

⚻Ᏹ೑⋉

྾ඨᦼ⚐೑⋉

⊖ਁ౞

ᯘᵈᯙ൮᜝೑⋉

⊖ਁ౞



⊖ਁ౞



⊖ਁ౞



፾፳፻፼፾
፾፳፸፺፹

፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ
፹፺ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ



፻፵፽
፷፵፸

፺፼፹
፻፽፻

ᦖ፹፻፵፸
፼፵፹

፺፹፻
፻፹ᎀ

ᦖ፹፻፵፼
፷፵፺

፸ᎀᎀ
፹፷፾

ᦖ፺፵ᎀ
፿፵፺

፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ ፹፷፼⊖ਁ౞ ᯘᦖ፷፵፾ᯖᯙ

፹፺ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ ፹፷፾⊖ਁ౞ ᯘᙚᯖᯙ

ẜ࿷ᩣᑼ‫ގ‬ᢛᓟ፸ᩣᒰᬒᬽ྾ඨᦼ
⚐೑⋉

፸ᩣᒰᬒᬽ྾ඨᦼ⚐೑⋉
౞፧ఋ

፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ
፹፺ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ

౞፧ఋ



፸፽፵፾፺
፸፾፵፻፸

፸፾፵፻፸

╙ᯡ྾ඨᦼਗ਼⚿ળ‫ᦼ܈‬ശᬻᬽ᫞᫨ᯡᩣᒰᬒᬽᒰᦼ⚐೑⋉ᬞീᬌᬾળ‫܈‬ၮḰ᫩ᯘડᬺળ‫܈‬ၮḰ╙ᯢภ፧ ᐔᚑ፹፹ᐕ᯦᦬፺፷ᣣᯙ᫞᫨ᯡᩣᒰᬒᬽᒰᦼ⚐೑⋉ᬞീᬌᬾળ‫܈‬ၮ
Ḱᬡઑ↪ᜰ୾᫩ᯘડᬺળ‫܈‬ၮḰઑ↪ᜰ୾╙ᯤภ፧ ᐔᚑ፹፹ᐕ᯦᦬፺፷ᣣᯙ෸ᬦ᫨ᯡᩣᒰᬒᬽᒰᦼ⚐೑⋉ᬞീᬌᬾታോ਄ᬡขᛒ᫷᫩ᯘታോኻᔕႎ๔ᯩภ፧ ᐔᚑ፹፹ᐕ᯦᦬
፺፷ᣣᯙᭅઑ↪ᬊᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፧
╙ᯡ྾ඨᦼਗ਼⚿ળ‫ᦼ܈‬ശᬞ᫽᫷ᬙᩣᑼಽഀᭅ؅᫷ᬱᬊᬒ᫿᫞೨ਗ਼⚿ળ‫܈‬ᐕᐲᬡᦼིᬞᒰ‫ݕ‬ᩣᑼಽഀ᫿؅ᭂᬿᬒᬛ઒ቯᬊ᫞ᯡᩣᒰᬒᬽ྾ඨᦼ⚐೑⋉෸ᬦẜ࿷
ᩣᑼ‫ގ‬ᢛᓟᯡᩣᒰᬒᬽ྾ඨᦼ⚐೑⋉ᭅ▚ቯᬊᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፧

፯፹፰Ꮖਗ਼⚿ࡧ᡽⁁ᘒ፧

ࢇ↥

⚐ࢇ↥

ȴᏆࢇᧄᲧ₸

⊖ਁ౞

፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼ
፹፺ᐕ፿᦬ᦼ
ᯘෳĘᯙᏆȴᏆࢇᧄᏆᏆ




⊖ਁ౞



፸፾፳፻፹፻
፸፾፳ᎀ፺ᎀ
፹፻ᐕ፿᦬ᦼ╙፹྾ඨᦼᏆᏆᙚ⊖ਁ౞

፼፳፼፻፻
፼፳፻፼፾

፺፸፵፿
፺፷፵፻

፹፺ᐕ፿᦬ᦼᏆᏆ፼፳፻፼፾⊖ਁ౞

፹፵ᏆᏆଙᒰᬡ⁁ᴫ፧
╙፸྾ඨᦼᧃ
౞፧ఋ

፹፺ᐕ፿᦬ᦼ
፹፻ᐕ፿᦬ᦼ
፹፻ᐕ፿᦬ᦼᯘ੍ᗐᯙ

ᐕശଙᒰ୴
╙፺྾ඨᦼᧃ

╙፹྾ඨᦼᧃ
౞፧ఋ

ᦼᧃ

ว‫܈‬
౞፧ఋ



፼፷፵፷፷
፼፵፷፷

౞፧ఋ

፸፷፷፵፷፷

፸፼፷፵፷፷






౞፧ఋ

፼፵፷፷

፸፷፵፷፷

ᯘᵈᯙ⋥ਝᬞ౏‫؛‬ᬈᬿᬙ᫷ᬾଙᒰ੍ᗐ᫾ᬼᬡୃᱜᬡ᦭ήᏆᏆᯪᏆᏆή፧፧
ᯘᵈᯙᒰ␠ᬚᬢᐔᚑ፹፺ᐕᯩ᦬ᯡᣣઃᬚ᫞ᯡᩣᭅ፸፷ᩣᬛᬌᬾᩣᑼಽഀᭅ؅ᬖᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፹፺ᐕᯨ᦬ᦼᬢ᫞ಽഀ೨ᬡ⊒؅ᷣᩣᑼᬞኻᬌᭀᬡᬚ᫵ᬽ᫞፹፻ᐕᯨ᦬ᦼᬢ᫞ಽ
ഀᓟᬡ⊒؅ᷣᩣᑼᬞኻᬌᬾ੍ቯᬚ᫵ᬽᬱᬌ᫟፧

፺፵ᏆᏆᐔᚑ፹፻ᐕ፿᦬ᦼᬡਗ਼⚿ᬺS੍ᗐᯘᐔᚑ፹፺ᐕᎀ᦬፸ᣣᰮᐔᚑ፹፻ᐕ፿᦬፺፸ᣣᯙ፧
ᄁ਄ဎ
⊖ਁ౞

༡ᬺ೑⋉


⊖ਁ౞

ᯘᯖ‫␜؛‬ᬢ᫞ኻ೨ᦼჇᷫ₸ᯙ፧

⚻Ᏹ೑⋉

፸ᩣᒰᬒᬽᒰᦼ
⚐೑⋉

ᒰᦼ⚐೑⋉



⊖ਁ౞



⊖ਁ౞



౞፧ఋ

ᦖ፸፹፵፹
፸፼፳፷፷፷
፹፵፻
ᎀ፷፷
ᯘᵈᯙ⋥ਝᬞ౏‫؛‬ᬈᬿᬙ᫷ᬾᬺS੍ᗐ᫾ᬼᬡୃᱜᬡ᦭ήᏆᏆᯪᏆᏆή፧፧

፿፼፷

ᦖ፸፻፵፾

፼፷፷

፹፵፷

፻፸፵ᎀ፻

੒ᦼ

ᯘᩣᯙᯡᩣᒰᬒᬽᬡᒰᦼ⚐೑⋉ᬢ᫞⊒؅ᷣᩣᑼᢙ፸፸፳ᎀ፸ᎀ፳ᎀ፿፸ᩣᬞᬻᬽ▚಴ᬊᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፧

፻፵ᏆᏆᬐᬡઁ
፯፸፰Ꮖᒰ྾ඨᦼਗ਼⚿⚥‫ᦼ܈‬ശᬞ᫽ᬄᬾ୰‫ۀ‬ᬝሶળ␠ᬡ⇣േᯘਗ਼⚿▸࿐ᬡᄌᦝᭅ઻᫹․ቯሶળ␠ᬡ⇣േᯙᏆᏆᯪᏆᏆή፧፧
፯፹፰Ꮖ྾ඨᦼਗ਼⚿ࡧോ޹‫؛‬ᬡ૞ᚑᬞ․᦭ᬡળ‫܈‬ಣℂᬡઑ↪ᏆᏆᯪᏆᏆή፧፧
፯፺፰Ꮖળ‫܈‬ᣇ୾ᬡᄌᦝᮦળ‫܈‬਄ᬡ‫ۇ‬Ⓧᬽᬡᄌᦝᮦୃᱜౣ‫␜؛‬፧
ᡢᏆળ‫܈‬ၮḰ╬ᬡᡷᱜᬞ઻᫹ળ‫܈‬ᣇ୾ᬡᄌᦝ
ᏆᏆᯪᏆᏆ᦭
ᡣᏆᡢએᄖᬡળ‫܈‬ᣇ୾ᬡᄌᦝ
ᏆᏆᯪᏆᏆή
ᡤᏆળ‫܈‬਄ᬡ‫ۇ‬Ⓧᬽᬡᄌᦝ
ᏆᏆᯪᏆᏆή
ᡥᏆୃᱜౣ‫␜؛‬
ᏆᏆᯪᏆᏆή
፯፻፰Ꮖ⊒؅ᷣᩣᑼᢙᯘ᥉੒ᩣᑼᯙ፧
ᡢᏆᦼᧃ⊒؅ᷣᩣᑼᢙᯘȴᏆᩣᑼᭅ฽ᬳᯙ
ᡣᏆᦼᧃȴᏆᩣᑼᢙ
ᡤᏆᦼਛᐔဋᩣᑼᢙᯘ྾ඨᦼ⚥‫܈‬ᯙ

፹፻ᐕ፿᦬ᦼ፹᎘
፹፻ᐕ፿᦬ᦼ፹᎘
፹፻ᐕ፿᦬ᦼ፹᎘

፸፹፳፸፿ᎀ፳፾፹፷Ꮖᩣ ፹፺ᐕ፿᦬ᦼ
፹፽ᎀ፳፾፺ᎀᏆᩣ ፹፺ᐕ፿᦬ᦼ
፸፸፳ᎀ፸ᎀ፳ᎀᎀ፿Ꮖᩣ ፹፺ᐕ፿᦬ᦼ፹᎘

፸፹፳፸፿ᎀ፳፾፹፷Ꮖᩣ
፹፽ᎀ፳፽ᎀ፷Ꮖᩣ
፸፸፳ᎀ፸፼፳፼፺፷Ꮖᩣ

╙ᯡ྾ඨᦼਗ਼⚿ળ‫ᦼ܈‬ശᬞ᫽᫷ᬙᩣᑼಽഀᭅ؅᫷ᬱᬊᬒ᫿᫞೨ਗ਼⚿ળ‫܈‬ᐕᐲᬡᦼིᬞᒰ‫ݕ‬ᩣᑼಽഀ᫿؅ᭂᬿᬒᬛ઒ቯᬊ᫞፹፺ᐕᯨ᦬ᦼᬡᦼᧃ⊒؅ᷣᩣᑼ
ᢙ෸ᬦᦼᧃȴᏆᩣᑼᢙ᫞፹፺ᐕᯨ᦬ᦼᯢ᎘ᬡᦼਛᐔဋᩣᑼᢙᭅ▚಴ᬊᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፧

ᙾ྾ඨᦼᮗ᭾ᮐᮧᚻ⛯ᬡታᣉ⁁ᴫᬞീᬌᬾ‫␜؛‬፧
ᬆᬡ྾ඨᦼ᳿▚⍴ାᬢ᫞୴֒໡ຠขᒁᴺᬞၮᬘᬂ྾ඨᦼᮗ᭾ᮐᮧᚻ⛯ᬀᬡኻ࠾ᄖᬚ᫵ᬽ᫞ᬆᬡ྾ඨᦼ᳿▚⍴ାᬡയ␜ᤨὐᬞ᫽᫷ᬙ᫞୴֒໡ຠขᒁᴺᬞၮᬘᬂ
྾ඨᦼࡧോ޹‫؛‬ᬡᮗ᭾ᮐᮧᚻ⛯ᬀᬢ⚳ੌᬊᬙ᫽ᬽᬱᬎᭆ᫟፧

ᙾᬺS੍ᗐᬡઑಾᬝ೑↪ᬞീᬌᬾ‫ށ‬᣿᫞ᬐᬡઁ․‫ܕ‬੐ິ፧

ᮦᒰ␠ᬢ᫞ᐔᚑ፹፺ᐕᯩ᦬ᯡᣣઃᬚ᥉੒ᩣᑼᯡᩣᬞᬗᬀ፸፷ᩣᬡഀวᬚᩣᑼಽഀᭅታᣉᬊᬙ᫽ᬽᬱᬌ᫟፧
ᮦᧄࢇᢱᬞ‫ܕ‬যᬈᬿᬙ᫷ᬾᬺSᬡ‫ۇ‬੒ᬊ╬዁᧪ᬞീᬌᬾ‫ܕ‬ਰᬢ᫞ᒰ␠᫿⃻࿷౉ᚻᬊᬙ᫷ᬾᖱႎ෸ᬦวℂ⊛ᬚ᫵ᬾᬛ್ᢿᬌᬾ৻ቯᬡ೨ឭᬞၮᬘ᫷ᬙ᫽ᬽ᫞ታ෉
ᬡᬺോ╬ᬢ᭽᫡ᬝ‫ۀ‬࿃ᬞᬻᬽᄢᬀᬂᬝᬾนƫᕈ᫿᫵ᬽᬱᬌ᫟ᬝ᫽᫞ᬺS੍ᗐᬞീᬌᬾ੐ິᬢ᫞྾ඨᦼ᳿▚⍴ାᬡᷝઃࢇᢱᯤᮅᮧ᭣᫨ᯘᯣᯙਗ਼⚿ᬺS੍ᗐᬞീᬌᬾ
ቯᕈ⊛ᖱႎ᫩ᭅᬇۙᬂᬓᬈ᫷᫟፧

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次

1.当四半期決算に関する定性的情報 …………2
(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………2
(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………3
(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………4
2.サマリー情報(その他)に関する事項 …………4
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………4
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………4
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………4
3.四半期連結財務諸表 …………5
(1)四半期連結貸借対照表 …………5
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………7
四半期連結損益計算書 …………7
四半期連結包括利益計算書 …………8
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 …………9
(4)継続企業の前提に関する注記 …………10
(5)セグメント情報等 …………10
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………11

― 1 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間(平成23年9月1日~平成24年2月29日)におけるわが国経済は、東日本
大震災の影響による落ち込みから、復旧・復興を受け、持ち直しの動きが広まってきました。一方で、
欧州債務危機を背景とした金融不安、為替や株価の変動など、先行きの不透明感は高まっております。
  当社が属する健康食品業界は、消費者の健康維持・増進、アンチエイジング意識の高さから今後も堅
調に推移すると予想されます。
  このような状況の中、AFC-HDアムスライフグループは、新工場稼動に伴い、当社主力事業であ
るOEM部門において大口受注件数が増加するなど堅調に推移いたしました。また、AFCブランドの
強化として、販売子会社3社合併のほか、広告宣伝、店舗の拡充に注力いたしました。
  以上の結果、当第2四半期連結売上高は、7,457百万円(前年同期比4.6%増)となりました。損益面
については、新工場稼動に伴い減価償却費などの固定費が増加した影響により、営業利益352百万円
(前年同期比24.1%減)、経常利益324百万円(前年同期比24.5%減)、四半期純利益は、前年同期比
3.9%減の199百万円となりました。
セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
①ヘルスケア事業
・OEM部門
当社の主力事業であるOEM部門は、既存取引先の受注伸長などにより、売上高は前年同期比32.3%
増となりました。受注状況は依然、市場ニーズに一致した関節・アイケア・伝統食材・ダイエット関連
商材などが好調を維持しており、新規顧客獲得、営業の人材育成も順調に進捗いたしました。一方生産
部門においては、新工場の稼動によってキャパシティ不足も解消へ向かっており、取引先の要求に応え
るべき体制が整いました。同時に健康補助食品GMP取得を申請し、現在審査中です。既にハード、ソ
フト面の査察を終了し、今期中には認可される見通しです。
・海外部門
長引く円高、放射能汚染による風評被害や輸入規制、高額な関税など非常に厳しい環境下、キャンペ
ーンなどの販促活動や放射能対策証明書の取得などに注力いたしました。また、タイにおいて代理店契
約を締結するなど積極的な営業活動に取り組みました。当部門全体としては、引き続きコラーゲンを中
心とした美容素材が好調に推移し、売上高は前年同期比16.6%増となりました。
・通信販売部門
広告宣伝活動により新規顧客件数は前年同期比102.0%と引き続き増加傾向にあり、リピート率向上
を目的とした販促ツール導入の成果も現れ始めております。しかしながら、消費マインドの低下、同業
他社との顧客獲得競争が影響し、当部門の売上高は前年同期を下回る結果となりました。
・卸販売部門
主要取引先となる小売店業界は、ネット販売の浸透により特に価格競争において非常に厳しい状況が
続いております。そのような環境下、当部門は化粧品関連商品の拡販に努め、中でも人気商品である
「爽快柑シリーズ」が各小売店で売上を伸ばすなど順調に推移いたしました。しかしながら、雑貨卸に
おける主力商品の大幅な落ち込み、市場における消費低迷が影響し、当部門の売上高は前年同期を下回
る結果となりました。
・店舗販売部門
百貨店テナント店舗を拠点とする当部門は、百貨店業界の低迷が影響し、売上高は前年同期を下回る
結果となりました。しかしながら、試飲やセミナー開催などの積極的な販促活動により、飲料「野菜の
極」、健康食品「La Vie PLACENTA」の売れ行きは好調を保ちました。AFCブランド商品への移行
も順調に進捗し、売上シェアも増加しております。
以上の結果、ヘルスケア事業の業績は、売上高6,648百万円(前年同期比6.4%増)(セグメント間内
部売上高含む)、営業利益547百万円(前年同期比16.3%減)(配賦不能営業費用控除前)となりまし
た。 

― 2 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

②医薬品事業
医薬品市場は、大別して医師の処方箋に基づき病院・診療所、調剤薬局で購入する医療用医薬品市場
と、医師の処方箋が要らず、ドラッグストアで購入する一般用医薬品市場に分けられます。
医療用医薬品事業は、主力の製造承認を取得した医療用漢方製剤40品目について、医師、薬剤師及び医
薬品卸の営業担当者に対して、品質・安全性の確保に対する取り組みのほか、同業他社の製品と比べ効
能効果の同等性が極めて高いこと及び患者さんの経済的負担(医療費の自己負担)が小さいことなどを
説明してきました。また、一般用医薬品事業についても、リニューアル製品の投入、積極的な営業活動
及び販売促進活動などを行いました。特にドラッグストアの商品担当者に対して、当該製品の医療現場
での臨床例などを中心に情報提供活動を展開してきました。
しかし、両事業とも同業他社との競争激化に加え、販売促進活動の不振が響き、医薬品事業の売上高
は808百万円(前年同期比8.3%減)、営業利益27百万円(前年同期比21.8%減)となりました。
今後は上記の取り組みに加え、医療用医薬品事業については、初の自社ブランドの後発医薬品を、ま
た、一般用医薬品事業については取り扱い品目を大幅に投入するなどし、売上アップを図ります。
(2)連結財政状態に関する定性的情報
①流動資産
当第2四半期連結会計期間末における流動資産合計は、前連結会計年度末に比べ192百万円減少し、
8,057百万円となりました。この減少要因は主として、商品及び製品が97百万円、仕掛品が81百万円、
原材料及び貯蔵品が65百万円増加した反面、受取手形及び売掛金が244百万円、流動資産のその他が196
百万円減少したことによるものであります。
②固定資産
当第2四半期連結会計期間末における固定資産合計は、前連結会計年度末に比べ322百万円減少し、
9,366百万円となりました。この減少要因は主として、減価償却などにより有形固定資産が284百万円減
少したことによるものであります。
③流動負債
当第2四半期連結会計期間末における流動負債合計は、前連結会計年度末に比べ486百万円増加し、
7,081百万円となりました。この増加要因は主として、流動負債のその他が245百万円、未払法人税等が
90百万円、支払手形及び買掛金が76百万円減少した反面、短期借入金が879百万円増加したことによる
ものであります。
④固定負債
当第2四半期連結会計期間末における固定負債合計は、前連結会計年度末に比べ1,088百万円減少
し、4,798百万円となりました。この減少要因は主として、長期借入金が949百万円減少したことによる
ものであります。
⑤純資産
当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ86百万円増加し、
5,544百万円となりました。この増加要因は主として、四半期純利益の計上により利益剰余金が80百万
円増加したことによるものであります。
(キャッシュ・フローの状況)
当第2四半期連結累計期間における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)
は、前連結会計年度末に比べ5百万円増加し、3,377百万円となりました。
①営業活動によるキャッシュ・フロー
営業活動の結果得られた資金は523百万円(前年同期比285百万円の収入増)となりました。
これは主として、たな卸資産の増加額244百万円、法人税等の支払額213百万円等により資金が減少し
た反面、減価償却費326百万円、税金等調整前四半期純利益322百万円、売上債権の減少額242百万円等
により資金が増加したことによるものであります。
②投資活動によるキャッシュ・フロー
投資活動の結果使用した資金は280百万円(前年同期比288百万円の支出減)となりました。
これは主として、有形及び無形固定資産の取得による支出304百万円等により資金が減少したもので
あります。
③財務活動によるキャッシュ・フロー
財務活動の結果使用した資金は238百万円(前年同期は867百万円の収入)となりました。
これは主として、長期借入金の返済による支出134百万円、配当金の支払額118百万円等により資金が
減少したことによるものであります。
― 3 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

(3)連結業績予想に関する定性的情報
平成23年10月14日発表の平成24年8月期業績予想に修正はありません。

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
1株当たり当期純利益に関する会計基準等の適用
第1四半期連結会計期間より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平
成22年6月30日)、「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4
号 平成22年6月30日)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平
成22年6月30日)を適用しております。
第1四半期連結会計期間において株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に当該株式分割が
行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定してお
ります。

― 4 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年8月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
その他
貸倒引当金
流動資産合計
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
土地
その他(純額)
有形固定資産合計
無形固定資産
のれん
その他
無形固定資産合計
投資その他の資産
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計

当第2四半期連結会計期間
(平成24年2月29日)

3,697,563
2,227,489
57,440
810,816
474,207
599,064
443,964
△60,780

3,750,592
1,983,073

908,543
555,671
664,140
247,248
△51,921

8,249,765

8,057,347

3,708,947
3,785,709
1,433,905

3,569,212
3,785,709
1,289,449

8,928,562

8,644,371

107,513
46,265

65,573
62,541

153,778

128,115

622,347
△15,082

609,630
△15,305

607,264

594,324

固定資産合計

9,689,606

9,366,811

資産合計
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
未払法人税等
賞与引当金
ポイント引当金
その他
流動負債合計
固定負債
社債
長期借入金
役員退職慰労引当金

17,939,371

17,424,158

1,727,490
3,425,407
222,876
125,100
58,000
1,035,266

1,650,630
4,304,623
132,821
151,200
52,000
789,782

6,594,140

7,081,057

650,000
3,820,012
329,205

600,000
2,870,816
332,304

― 5 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

(単位:千円)

退職給付引当金
負ののれん
その他
固定負債合計

前連結会計年度
当第2四半期連結会計期間
(平成23年8月31日)
(平成24年2月29日)
138,903
152,752
21,168
5,351
928,090
837,520
5,887,380
12,481,520

11,879,801

1,405,498
1,482,684
2,829,224
△198,929

1,405,498
1,482,684
2,909,464
△198,961

5,518,477

5,598,686

△60,626

負債合計
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
その他の包括利益累計額合計

4,798,744

△54,329

△60,626

― 6 ―

5,544,357

17,939,371

負債純資産合計

△54,329

5,457,851

純資産合計

17,424,158

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)

売上高
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
負ののれん償却額
助成金収入
貸倒引当金戻入額
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
シンジケートローン手数料
その他
営業外費用合計

前第2四半期連結累計期間
当第2四半期連結累計期間
(自 平成22年9月1日
(自 平成23年9月1日
至 平成23年2月28日)
至 平成24年2月29日)
7,132,425
7,457,247
4,450,239
5,036,015
2,682,186
2,217,998

2,421,231
2,068,758

464,188

352,473

226
11,468
18,924
10,499

8,193

215
1,793
15,817
10,434
6,413
12,419

49,312

47,094

41,032
41,785
1,570

72,251

3,247

84,388

75,498

経常利益
特別利益
固定資産売却益
有価証券償還益
特別利益合計
特別損失
固定資産除却損
特別損失合計

429,112

324,069

291



1,730

291

1,730

205

3,071

205

3,071

税金等調整前四半期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法人税等合計

429,198
223,706
△1,980

322,728
123,257
30

221,726

123,287

少数株主損益調整前四半期純利益

207,471

199,440

四半期純利益

207,471

199,440

― 7 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)

少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
その他の包括利益合計

前第2四半期連結累計期間
当第2四半期連結累計期間
(自 平成22年9月1日
(自 平成23年9月1日
至 平成23年2月28日)
至 平成24年2月29日)
207,471
199,440
△184

205,738

207,287


― 8 ―

6,297

207,287

四半期包括利益
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

6,297

△184

205,738


㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年9月1日
至 平成23年2月28日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
のれん償却額
賞与引当金の増減額(△は減少)
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
有価証券償還損益(△は益)
固定資産売却損益(△は益)
固定資産除却損
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
未払消費税等の増減額(△は減少)
その他
小計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額
その他
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
有価証券の償還による収入
有形及び無形固定資産の取得による支出
有形及び無形固定資産の売却による収入
投資有価証券の取得による支出
貸付金の回収による収入
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少)
長期借入れによる収入
長期借入金の返済による支出
自己株式の取得による支出
配当金の支払額
その他
財務活動によるキャッシュ・フロー

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年9月1日
至 平成24年2月29日)

429,198
156,862
23,015
2,300
11,839
△11,695
41,032

△291
205
46,398
△21,739
△14,666
△41,002
12,221
633,680
11,712
△32,325
△367,783
△7,500

523,665


△320,656
11,996
△199,914
1,229
△61,016

57,440
△304,674

△35
1,405
△34,486

△568,361

△280,349

△187,840
1,300,000
△134,780

△59,469
△50,000

64,800

△134,780
△30
△118,275
△50,000

867,910

△238,286

537,332
2,582,573

5,029
3,372,563

3,119,906

― 9 ―

778,794
1,982
△40,346
△213,765
△3,000

237,784

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
現金及び現金同等物の期首残高
現金及び現金同等物の四半期末残高

322,728
326,505
26,122
26,100
3,098
△2,009
72,251
△1,730

3,071
242,600
△244,267
△76,859
51,425
29,757

3,377,592

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

(4)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。

(5)セグメント情報等
Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自  平成22年9月1日  至  平成23年2月28日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
合計
ヘルスケア事業

医薬品事業

売上高
  外部顧客への売上高

6,250,600

881,825

7,132,425







6,250,600

881,825

7,132,425

654,218

35,539

689,757

  セグメント間の内部売上高
  又は振替高

セグメント利益

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額
の主な内容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益
報告セグメント計
全社費用(注)
四半期連結損益計算書の営業利益

金額
689,757
△225,569
464,188

(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

― 10 ―

㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(2927) 平成24年8月期 第2四半期決算短信

Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自  平成23年9月1日  至  平成24年2月29日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
合計
ヘルスケア事業

医薬品事業

売上高
  外部顧客への売上高

セグメント利益

7,457,247







808,304

7,457,247

547,563



808,304

6,648,942

  セグメント間の内部売上高
  又は振替高

6,648,942

27,799

575,362

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額
の主な内容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益
報告セグメント計
全社費用(注)
四半期連結損益計算書の営業利益

金額
575,362
△222,889
352,473

(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。

― 11 ―


Origin: 平成24年8月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

AFC−HDアムスライフサイエンスの株価 »