平成27年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2597 ユニカフェ

 2014年10月31日16時00分


(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2
(1)経営成績に関する説明 ………… 2
(2)財政状態に関する説明 ………… 2
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 ………… 3
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ………… 3
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ………… 3
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ………… 3
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ………… 3
3.四半期連結財務諸表 ………… 4
(1)四半期連結貸借対照表 ………… 4
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 6
四半期連結損益計算書  
第2四半期連結累計期間 ………… 6
四半期連結包括利益計算書  
第2四半期連結累計期間 ………… 7
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ………… 8
(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項 ………… 9
(継続企業の前提に関する注記) ………… 9
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ………… 9
 




1
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年9月30日までの6ケ月間)における当社グループ
を取り巻く環境は、消費税増税前の駆け込み需要の反動減が見られるものの、政府の経済対策による緩やかな景気
回復の動きが見られております。しかしながら、天候不順による個人消費の落ち込みや中東情勢をめぐる地政学的
リスクの高まりを背景とした海外景気の不安感や円安進行による原材料価格の上昇など、国内景気の下振れが懸念
されております。
このような状況の中、レギュラーコーヒー業界につきましては、コンビニエンスストアでのカウンターコーヒ
ーの隆盛やサードウェーブ・コーヒーなど新たなコーヒーブームと機能性を重視した製品展開等により、コーヒー
の飲用の裾野が広がっています。一方で一部にデフレ脱却といった好転の兆しがあるものの、依然として同業各社
が激しい競争環境の下で消耗戦を繰り広げている状況が長期間にわたって続いており、景気の先行きに対する不透
明感から、消費者の消費志向も節約型・低価格志向型が定着しております。
さらに当社の業績に多大な影響を及ぼすコーヒー生豆相場につきましては、前年と比べ、高い水準で推移して
おり、なお先行きは不透明な状況が続いております。
このような経営環境の下、当社グループは、「コーヒーをコアに人と環境にやさしい企業を目指す」の企業理念
の下、「T=Transformation=変革」「I=Innovation=革新」「C=Challen
ge=挑戦」の「TIC」を新たなキーワードとして収益構造の改善と内部統制の強化に注力し、「その上のコー
ヒー」を常に追い続け、チャレンジを続けております。
セグメントの状況は、次のとおりであります。
① 「コーヒー関連事業」
「コーヒー関連事業」につきましては、国内において主力の工業用コーヒーの取扱数量の増加によるシェアの
拡大に注力しました。業務用コーヒー・家庭用コーヒーの分野におきましては、OEM製品、NB・PB製品の販
売に注力し、取扱数量増加に向けて、新規取引先の開拓と既存取引先に対する新製品提案を推進しました。
工業用コーヒーにつきましては、第1四半期連結会計期間より大幅に減少した一部の主要取引先における取扱
数量が、当第2四半期連結会計期間においても低調に推移した結果、その他の主要取引先における取扱数量で補う
ことができず、当第2四半期連結累計期間の取扱数量は、前年を大きく下回りました。
業務用コーヒーにつきましては、主要取引先のカフェチェーンなどにおける取扱数量が好調に推移したほか、
投資計画に基づきコーヒー生産設備の増設を行い、生産工程の効率化を推進しました。また、UCCグループ間で
の取扱数量の拡大に注力した結果、当第2四半期連結累計期間におきましては、前年を大きく上回りました。
家庭用コーヒーにつきましては、NB・PB製品販売を中心に主要取引先における取扱数量が第1四半期連結
会計期間に引き続き低調に推移しました。その結果、当第2四半期連結累計期間の取扱数量は、前年を下回りまし
た。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は47億44百万円(前年同期比24.2%減)となりました。
利益面では、コーヒー生豆相場の高騰及び為替相場の円安による製造コストの増加に加え、主力の工業用コー
ヒーの取扱数量の大幅な減少に伴い固定費の割合が増加したため、生産工程の効率化と販売費及び一般管理費の抑
制に努めましたが補いきれず、営業利益は2億33百万円(前年同期比50.9%減)となりました。
② 「パルプモールド事業」
「パルプモールド事業」につきましては、連結子会社の上海緑一企業有限公司を通しての事業であり、主要取
引先の売上数量が好調に推移し、前年を大きく上回った結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、1億35百万
円(前年同期比31.5%増)となりました。その営業利益は、24百万円(前年同期比650.5%増)となりました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は48億79百万円(前年同期比23.3%減)、営業利益は2億58百
万円(前年同期比46.3%減)、経常利益は2億66百万円(前年同期比50.2%減)、四半期純利益は3億10百万円
(前年同期比23.0%減)となりました。
 
(2)財政状態に関する説明
① 資産の部
当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末比2億91百万円減少し、98億85百万円となりまし
た。増減の内訳は、流動資産が3億41百万円減少いたしました。その主な要因は、売上高の減少に伴い、受取手形
及び売掛金が67百万円減少したことによります。また、固定資産が49百万円増加いたしました。その主な要因は、
投資有価証券が1億33百万円減少しましたが、有形固定資産が1億93百万円増加したことによります。
 




2
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

② 負債の部
当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末比4億32百万円減少し、26億82百万円となりました。
増減の内訳は、流動負債が4億12百万円減少いたしました。その主な要因は、支払手形及び買掛金が1億62百万円
及び未払法人税等が1億36百万円減少したことによります。また、固定負債が19百万円減少いたしました。
③ 純資産の部
当第2四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末比1億40百万円増加し、72億2百万円となりまし
た。この結果、当第2四半期連結会計期間末の自己資本比率は72.9%となり、前連結会計年度末比3.5ポイント増
加しております。
 
キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
べ3億54百万円減少し、当第2四半期連結会計期間末には17億57百万円となりました。
当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果使用した資金は、33百万円(前年同四半期は8億12百万円の使用)となりました。これは主に、
税金等調整前四半期純利益が3億38百万円、売上債権の減少66百万円、たな卸資産の増加74百万円、仕入債務の減
少1億62百万円及び、減価償却費1億37百万円によるものであります。
(投資活動によるキャッシュフロー)
投資活動の結果使用した資金は1億99百万円(前年同四半期は13百万円の使用)となりました。これは主に、投
資計画に基づいた3億50百万円の有形固定資産の取得及び投資有価証券の売却による収入1億52百万円によるもの
です。
(財務活動によるキャッシュフロー)
財務活動の結果使用した資金は1億13百万円(前年同四半期は73百万円の使用)となりました。これは主に、配
当金の支払額1億10百万円によるものであります。
 
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
通期の連結業績予想及び個別業績予想につきましては、平成26年10月24日公表の「平成27年3月期第2四半期業
績予想及び通期業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。
 
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
 
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
 
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。
 




3
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
    (単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
  (平成26年3月31日) (平成26年9月30日)
資産の部    
流動資産    
現金及び預金 2,111,983 757,410
受取手形及び売掛金 2,105,485 2,037,831
商品及び製品 169,395 254,162
仕掛品 36,957 19,538
原材料及び貯蔵品 220,800 227,280
繰延税金資産 177,604 177,604
短期貸付金 - 1,000,000
その他 51,560 58,558
貸倒引当金 △299 △290
流動資産合計 4,873,487 4,532,097
固定資産    
有形固定資産    
建物及び構築物 4,101,452 4,115,460
減価償却累計額 △1,611,056 △1,665,537
減損損失累計額 △205,334 △193,026
建物及び構築物(純額) 2,285,061 2,256,896
機械装置及び運搬具 3,410,974 3,652,054
減価償却累計額 △2,765,871 △2,795,625
減損損失累計額 △197,019 △185,209
機械装置及び運搬具(純額) 448,084 671,219
土地 1,639,318 1,639,318
その他 256,362 252,132
減価償却累計額 △199,558 △196,442
減損損失累計額 △1,764 △1,658
その他(純額) 55,039 54,031
有形固定資産合計 4,427,503 4,621,466
無形固定資産    
ソフトウエア 19,817 17,320
その他 106,692 98,721
無形固定資産合計 126,509 116,041
投資その他の資産    
投資有価証券 371,922 238,042
破産更生債権等 3,981,819 3,981,639
その他 44,584 44,584
貸倒引当金 △3,648,686 △3,648,686
投資その他の資産合計 749,639 615,580
固定資産合計 5,303,653 5,353,087
資産合計 10,177,140 9,885,185
 




4
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

 
    (単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
  (平成26年3月31日) (平成26年9月30日)
負債の部    
流動負債    
支払手形及び買掛金 1,840,380 1,678,120
短期借入金 460,000 460,000
未払法人税等 172,992 36,639
賞与引当金 59,248 47,200
役員賞与引当金 3,800 -
その他 503,703 405,780
流動負債合計 3,040,125 2,627,740
固定負債    
繰延税金負債 57,258 37,945
その他 17,191 16,716
固定負債合計 74,450 54,662
負債合計 3,114,575 2,682,402
純資産の部    
株主資本    
資本金 4,216,500 4,216,500
資本剰余金 1,020,799 1,020,799
利益剰余金 1,709,424 1,908,745
自己株式 △39,405 △39,713
株主資本合計 6,907,317 7,106,331
その他の包括利益累計額    
その他有価証券評価差額金 103,400 68,523
為替換算調整勘定 51,846 27,927
その他の包括利益累計額合計 155,246 96,451
純資産合計 7,062,564 7,202,782
負債純資産合計 10,177,140 9,885,185
 




5
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
    (単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
  (自 平成25年4月1日 (自 平成26年4月1日
至 平成25年9月30日) 至 平成26年9月30日)
売上高 6,362,845 4,879,345
売上原価 5,117,466 3,868,366
売上総利益 1,245,379 1,010,978
販売費及び一般管理費 765,350 752,949
営業利益 480,028 258,029
営業外収益    
受取利息 40 876
受取配当金 754 808
受取家賃 3,679 4,216
投資事業組合運用益 54,907 -
受取保険金 3,840 -
その他 5,255 5,235
営業外収益合計 68,477 11,137
営業外費用    
支払利息 1,502 1,499
為替差損 11,929 1,245
その他 24 114
営業外費用合計 13,456 2,858
経常利益 535,049 266,308
特別利益    
投資有価証券売却益 - 72,604
固定資産売却益 74 -
特別利益合計 74 72,604
特別損失    
固定資産除却損 0 727
リース解約損 3,747 -
特別損失合計 3,747 727
税金等調整前四半期純利益 531,377 338,184
法人税、住民税及び事業税 128,490 28,125
法人税等合計 128,490 28,125
少数株主損益調整前四半期純利益 402,887 310,059
四半期純利益 402,887 310,059
 




6
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
    (単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
  (自 平成25年4月1日 (自 平成26年4月1日
至 平成25年9月30日) 至 平成26年9月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益 402,887 310,059
その他の包括利益    
その他有価証券評価差額金 45,116 △34,876
為替換算調整勘定 48,908 △23,919
その他の包括利益合計 94,025 △58,795
四半期包括利益 496,912 251,263
(内訳)    
親会社株主に係る四半期包括利益 496,912 251,263
少数株主に係る四半期包括利益 - -
 




7
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
    (単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
  (自 平成25年4月1日 (自 平成26年4月1日
至 平成25年9月30日) 至 平成26年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー    
税金等調整前四半期純利益 531,377 338,184
減価償却費 117,597 137,412
貸倒引当金の増減額(△は減少) △23 △9
賞与引当金の増減額(△は減少) △5,202 △12,048
役員賞与引当金の増減額(△は減少) - △3,800
受取利息及び受取配当金 △794 △1,684
支払利息 1,502 1,499
固定資産除却損 0 727
投資事業組合運用損益(△は益) △54,907 -
投資有価証券売却損益(△は益) - △72,604
売上債権の増減額(△は増加) 190,367 66,157
たな卸資産の増減額(△は増加) 39,465 △74,830
仕入債務の増減額(△は減少) △1,489,477 △162,223
その他 △93,321 △87,810
小計 △763,416 128,970
利息及び配当金の受取額 754 1,649
利息の支払額 △1,507 △1,507
法人税等の支払額 △47,956 △162,753
営業活動によるキャッシュ・フロー △812,126 △33,640
投資活動によるキャッシュ・フロー    
有形固定資産の取得による支出 △13,370 △350,151
無形固定資産の取得による支出 - △1,260
投資有価証券の取得による支出 △335 △351
投資有価証券の売却による収入 - 152,644
その他 75 -
投資活動によるキャッシュ・フロー △13,630 △199,118
財務活動によるキャッシュ・フロー    
自己株式の取得による支出 △132 △307
配当金の支払額 △68,878 △110,308
その他 △4,205 △3,349
財務活動によるキャッシュ・フロー △73,216 △113,965
現金及び現金同等物に係る換算差額 10,255 △7,847
現金及び現金同等物の増減額(△は減少) △888,718 △354,572
現金及び現金同等物の期首残高 1,954,906 2,111,983
現金及び現金同等物の四半期末残高 1,066,188 1,757,410
 




8
(株)ユニカフェ(2597) 平成27年3月期 第2四半期決算短信

(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
 
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
当該事項はありません。
 




9

Origin: 平成27年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

ユニカフェの株価 »