平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2322 NECフィールディング

 2012年10月26日11時00分


平成25年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成24年10月26日
上場会社名 NECフィールディング株式会社
コード番号 2322
URL http://www.fielding.co.jp/
代表者
(役職名) 代表取締役執行役員社長
(氏名) 伊藤 行雄
問合せ先責任者 (役職名) コーポレート・コミュニケーション部長
(氏名) 大嶋 覚史
四半期報告書提出予定日
平成24年11月5日
配当支払開始予定日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無
: 有 (マスコミ・機関投資家・アナリスト向け)

上場取引所

東 

TEL 03-3452-7093
平成24年11月30日

(百万円未満切捨て)

1.  平成25年3月期第2四半期の連結業績(平成24年4月1日~平成24年9月30日)
(1) 連結経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

(注)包括利益

百万円



百万円



百万円



88,641
88,484

25年3月期第2四半期
24年3月期第2四半期



0.2

3,612
3,610

0.1

2,987
3,837

△22.1


1,587
2,236

△29.0






25年3月期第2四半期 1,584百万円 (△29.7%)
24年3月期第2四半期 2,254百万円 (―%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
1株当たり四半期純利益
純利益
円銭

25年3月期第2四半期
24年3月期第2四半期

円銭

29.10
41.00




※ 第1四半期連結会計期間より、会計方針を一部変更しております。詳細は、【添付資料】P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 (3)会計方針の変
更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。また、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号)に基づき、前年同
期については各財務数値に対して遡及処理を行っております。これに伴い、24年3月期第2四半期の対前年同四半期増減率は記載しておりません。

(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

25年3月期第2四半期
24年3月期
(参考) 自己資本  

百万円



77,435
76,942
24年3月期  76,942百万円

135,689
136,277
25年3月期第2四半期  77,435百万円

57.1
56.5

※ 第1四半期連結会計期間より、会計方針を一部変更しております。詳細は、【添付資料】P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 (3)会計方針の変
更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。また、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号)に基づき、前期末
については各財務数値に対して遡及処理を行っております。

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

24年3月期
25年3月期
25年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



20.00
20.00

円銭

20.00

40.00






円銭

20.00

40.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無  :  無
3. 平成25年 3月期の連結業績予想(平成24年 4月 1日~平成25年 3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


百万円

通期
190,000
3.6
10,000
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無  :  有

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

9.6

9,300

△1.3

5,300

32.1

97.18

連結業績予想についての詳細は、【添付資料】P.5「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。
なお、平成24年3月期の財務数値に対して遡及処理を行っているため、対前期増減率は遡及処理後の数値との比較によるものであります。

※  注記事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  :  無
新規 ― 社 (社名)
、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  :  有
詳細は、【添付資料】P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用」をご覧ください。

(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
  :  無
② ①以外の会計方針の変更
  :  有
③ 会計上の見積りの変更
  :  無
④ 修正再表示
  :  無
詳細は、【添付資料】P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 (3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。

(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

25年3月期2Q
25年3月期2Q
25年3月期2Q

54,540,000 株 24年3月期
693 株 24年3月期
54,539,347 株 24年3月期2Q

54,540,000 株
652 株
54,539,348 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
・この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続きの対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に
基づく四半期財務諸表のレビュー手続きは終了していません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
・本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、
実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる仮定及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等について
は、【添付資料】P.5「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………

2

(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………

4

(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………

5

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………

6

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………

6

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………

6

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………

6

3.四半期連結財務諸表 …………

7

(1)四半期連結貸借対照表 …………

7

(2)四半期連結損益及び包括利益計算書 …………

9

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 …………

10

(4)継続企業の前提に関する注記 …………

12

(5)セグメント情報等 …………

12

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

13

※ 当社は、以下のとおりマスコミ・機関投資家・アナリスト向け決算説明会を開催いたします。この決算説明会
で配布する資料は、決算発表後速やかに当社ホームページで掲載する予定です。
また、決算説明会の動画、主なQ&A等については、開催後速やかに当社ホームページで掲載する予定です。
・平成24年10月26日(金)・・・・マスコミ・機関投資家・アナリスト向け決算説明会
※ 上記説明会のほかにも、当社では個人投資家のみなさま向けに適宜、事業・業績に関する説明会を開催してい
く予定です。今後の開催の予定等については、当社ホームページをご確認ください。

- 1 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間の連結業績(売上高・営業利益)
(金額単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

 
 

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

前年同期比
金額

増減率

売上高

88,484

 

88,641

 

157

0.2%

営業利益

3,610

4.1%

3,612

4.1%

1

0.1%

(営業利益におけるパーセント表示は、売上高営業利益率)
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外経済の減速などの影響で景気の不透明感が高まったも
のの、復興需要を背景として内需を中心に緩やかな回復となりました。
 
当社グループの主たる事業領域であるITサポートサービス市場においては、先行きの不透明な経済環境を背
景としてIT投資は抑制傾向となったものの、業務効率化やITコスト削減を目的としたクラウドサービスの活用
やスマートデバイスの業務利用の拡大、データセンターサービスを活用した事業継続やリスク管理対応分野などの
一部の領域においてニーズが高まりました。
このような環境の中、当社グループはCS(Customer Satisfaction:お客さま満足)とCSR(Corporate
Social Responsibility:企業の社会的責任)を経営の基軸とした事業運営を積極的に実践するとともに、サポー
トサービス事業の担い手である「ひと」を財産と捉え「人財」に対する投資・育成を充実し、堅実な事業遂行を図
り、さらに継続した費用構造改革を推進することで安定的な利益の創出を目指して活動してまいりました。
当第2四半期連結累計期間における売上高は、886億41百万円(前年同期比0.2%増)となりました。これは、主
に運用サポートサービスにおける自治体/医療案件の獲得の増加やシステム展開サービスでの注力しているクラウ
ド/仮想化・環境領域・セキュリティ/ネットワークの増収および大型案件の獲得、さらにサプライサービスでの
インターネットショップ「い~るでぃんぐ」などで増収したことによるものです。
営業利益は、36億12百万円(前年同期比 0.1%増)となりました。これは、新基幹システムの導入による減価償
却費等の費用の増加はあったものの、増収による増益と原価低減活動の効果による利益率の改善で補ったことによ
るものです。
経常利益は、29億87百万円(前年同期比22.1%減)となりました。これは、営業利益の増益はあったものの、新
基幹システムの導入による初期費用の発生により営業外費用が増加したことによるものです。
四半期純利益は、15億87百万円(前年同期比29.0%減)となりました。これは、経常利益の減少に加え、過年度
法人税等を計上したことによるものです。
なお、当社は第1四半期連結会計期間より売上計上基準を変更したため、前第2四半期連結累計期間の数値
は、遡及処理後の数値によっております。詳細は、P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項(3)会計
方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。

- 2 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

セグメント別の業績は次のとおりです。

[保守サービス]
(金額単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

 

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

 前年同期比
金額

増減率

売上高

46,897

    

45,958

 

△939

△2.0%

営業利益

7,821

16.7%

7,887

17.2%

66

0.8%

(営業利益におけるパーセント表示は、売上高営業利益率)
(注:営業利益は、当社の総務部門・経理部門等の一般管理部門に係る費用控除前の数値です。)
売上高は、注力している自主契約促進活動による契約保守や販売パートナー連携、ソフトサポートなどで増収
となりましたが、未契約保守などで減収したことにより、459億58百万円(前年同期比2.0%減)となりました。
営業損益は、減収による減益はあったものの、継続して取り組んでいる生産革新活動を中心とした保守部材費
および機材関連費用の低減活動の効果などにより、78億87百万円の利益(前年同期比0.8%増)となりました。

[システム展開サービス] 
(金額単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

 

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

 前年同期比
金額

売上高

12,860

    

13,451

 

591

営業損失(△)

△1,353

△10.5%

△542

△4.0%

増減率
4.6%

810



(営業損失におけるパーセント表示は、売上高営業利益率)
(注:営業損失は、当社の総務部門・経理部門等の一般管理部門に係る費用控除前の数値です。)
売上高は、クラウド/仮想化、環境領域、セキュリティ/ネットワークなどの注力領域での増収と大型案件の
獲得により、134億51百万円(前年同期比4.6%増)となりました。
営業損益は、増収による増益と営業活動の効率化で利益率が改善したことにより、前年同期比8億10百万円改善
の5億42百万円の損失となりました。

[サプライサービス] 
(金額単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

 
売上高
営業利益

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

 前年同期比
金額

増減率

19,249

    

19,495

 

245

1.3%

312

1.6%

175

0.9%

△136

△43.7%

(営業利益におけるパーセント表示は、売上高営業利益率)
(注:営業利益は、当社の総務部門・経理部門等の一般管理部門に係る費用控除前の数値です。)
売上高は、前期に獲得した特需案件の反動による減収はあったものの、インターネットショップ「い~るでぃ
んぐ」を中心とした注力領域で増収したことにより、194億95百万円(前年同期比1.3%増)となりました。
営業損益は、増収による増益はあったものの、利益率が悪化したことにより、1億75百万円の利益(前年同期比
43.7%減)となりました。

- 3 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

[運用サポートサービス]
(金額単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

 
売上高

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

 前年同期比
金額

増減率

9,476

    

9,735

 

258

2.7%

793

8.4%

939

9.7%

146

18.5%

営業利益

(営業利益におけるパーセント表示は、売上高営業利益率)
(注:営業利益は、当社の総務部門・経理部門等の一般管理部門に係る費用控除前の数値です。)
売上高は、注力している運用支援サービスやヘルプデスクサービスなどで自治体/医療領域の案件獲得が増加
したこととメディアサービスでの特需案件の獲得により、97億35百万円(前年同期比2.7%増)となりました。
営業損益は、増収による増益と原価低減活動の効果で利益率が改善したことにより、9億39百万円の利益(前年
同期比18.5%増)となりました。

(2)連結財政状態に関する定性的情報
①資産、負債及び純資産の状況
当第2四半期連結会計期間末における総資産は1,356億89百万円となり、前連結会計年度末に比べ5億88百万円
減少しました。現金及び現金同等物(現金及び預金、関係会社預け金)は19億77百万円増加しました。受取手形
及び売掛金は前連結会計年度末に計上した売上債権の回収などにより29億93百万円減少しました。たな卸資産は
生産革新活動による効率化などにより原材料は減少したものの、仕掛品の増加により3億58百万円増加しました。
負債は582億53百万円となり、前連結会計年度末に比べ10億81百万円減少しました。これは主に、前連結会計年
度末に計上した仕入債務の支払いなどにより、支払手形及び買掛金が25億83百万円減少したことによるもので
す。
純資産は774億35百万円となり、前連結会計年度末に比べ4億93百万円増加しました。四半期純利益15億87百万
円を計上したことによる増加と利益配当金10億90百万円を計上したことによる減少により、利益剰余金は577億33
百万円となりました。
以上の結果、自己資本比率は57.1%となり、前連結会計年度末に比べ0.6ポイントの増加となりました。
②キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は315億14百万円となり、
前連結会計年度末に比べて19億77百万円増加しました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間の営業活動により増加した資金は41億93百万円(前年同期比14億59百万円減)とな
りました。主な資金増加の内容は、税金等調整前四半期純利益29億87百万円や売上債権の減少29億93百万円等
で、主な資金減少の内容は、仕入債務の減少26億90百万円や法人税等の支払い24億98百万円等です。 
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間の投資活動により減少した資金は8億89百万円(前年同期比23億59百万円減)となり
ました。主な資金減少の内容は、新基幹システムの開発等に伴う無形固定資産の取得による支出7億25百万円で
す。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間の財務活動により減少した資金は13億20百万円(前年同期比48百万円増)となりま
した。主な資金減少の内容は、配当金の支払い10億90百万円です。

なお、当社は第1四半期連結会計期間より売上計上基準を変更したため、前連結会計年度末及び前第2四半期
連結累計期間の数値は、遡及処理後の数値によっております。詳細は、P.6「2.サマリー情報(注記事項)に関
する事項(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。

- 4 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

(3)連結業績予想に関する定性的情報
平成24年3月期決算(平成24年4月26日)にて公表した通期の連結業績予想を以下のとおり修正いたします。
(金額単位:億円)
 

 修正後

修正前

増減

増減率

前期比増減 前期比増減率

保守サービス

930

939

△9

△1.0%

△8

△0.8%

システム展開サービス

330

356

△26

△7.3%

39

13.4%

サプライサービス

440

455

△15

△3.3%

26

6.4%

運用サポートサービス

200

210

△10

△4.8%

7

3.9%

1,900

1,960

△60

△3.1%

65

3.6%



















100

100

0

0.0%

9

9.6%









93

100

△7

△7.0%

△1

△1.3%

53

57

△4

△7.0%

13

32.1%











(億円未満四捨五入)
修正理由は以下のとおりであります。
売上高は、上半期において一部の領域で需要が回復し前年比で増収へ転換いたしました。しかし、全体的には海
外経済の減速等が影響し景気が踊り場局面に入り、IT投資が抑制傾向となったことで、当初予想より30億円の減
収となりました。下半期においても景気の不透明感が増し、IT投資抑制の継続が予想されることから、60億円の
下方修正といたしました。
営業利益は、売上高の下方修正に伴う減益を原価低減活動の強化などで補うことにより、当初計画通りといたし
ます。
一方、経常利益は、上半期の新基幹システム導入による初期費用の発生の影響に鑑みて、7億円の下方修正とい
たしました。また、当期純利益についても上半期の経常利益の減少と過年度法人税の計上の影響に鑑みて、4億円
の下方修正といたします。
前述の環境の中、当社グループは、戦略の4つの柱を中心として顧客基盤の拡大とサービス提供力の強化に注力
し、売上拡大を推進するとともに、費用構造改革と経営基盤改革を加速していくことで、年間での増収増益を実現
してまいります。
売上拡大では、販売パートナーとの連携を軸にSMB(注1)市場の攻略を図り、自主事業を拡大するととも
に、グローバル事業では地域別チャネル・ターゲット戦略を策定し、着実な事業拡大を図ってまいります。また、
従来から推進してきている垂直型サービスモデルの拡大に向けて、自治体BPO(注2)サービスの展開と医療領
域のサービスデスク機能の強化により事業拡大を図るとともに、クラウドサービスのラインアップを強化し、デー
タセンターと当社の強みであるヘルプデスクを組み合わせたSaaS型サービスを拡販することで、クラウド事業
を拡大してまいります。
費用構造改革では、継続して取り組んでいる生産革新活動の全社展開を加速し、徹底した業務効率化を図ること
で確実に利益を創出できる企業体質を強化してまいります。
経営基盤改革では、顧客満足度No.1に向けた活動と事業活動に直結したCSR活動を推進するとともに、事
業戦略に則した人財育成の継続的強化を図ってまいります。
注1:Small and Medium Businessの略で、中堅・中小企業を意味する
注2:情報システムの運用や保守業務に付随するデータ入力業務などを一緒に委託するアウトソーシングの形態
のこと

- 5 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。

  

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(売上計上基準の変更)
当社は従来、物品販売のうち、顧客への納品を運送業者に委託する場合は、運送業者に物品を引渡した日をもっ
て売上高を認識する出荷引渡基準を採用しておりましたが、第1四半期連結会計期間より、顧客の検収日をもって
売上高を認識する検収基準に変更しました。
この変更は、収益認識の時点に関してより客観性、確実性の高い検収基準に変更し、物品販売に係る契約の実態
をより適切に財務諸表に表示することを目的としたものであります。検収基準に基づいて売上高を認識するための
当社管理システム上の整備が完了したことから、第1四半期連結会計期間より変更することと致しました。
これにより、遡及適用を行う前と比べて、前第2四半期連結累計期間の売上高は15百万円減少しましたが、営業
利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響は軽微であります。

- 6 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成24年3月31日)

当第2四半期連結会計期間
(平成24年9月30日)

資産の部
流動資産
現金及び預金
関係会社預け金
受取手形及び売掛金
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
その他
貸倒引当金

8,233
21,303
39,951
2,615
1,432
19,399
8,965
△48

10,204
21,309
36,957
2,566
2,208
19,030
8,987
△46

流動資産合計

101,852

101,218

2,887

3,052

49
11,211


11,103

11,260

11,103

12,737
7,710
△170

12,736
7,716
△138

20,277

20,315

34,425

34,470

固定資産
有形固定資産
無形固定資産
のれん
その他
無形固定資産合計
投資その他の資産
前払年金費用
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
固定資産合計

136,277

135,689

負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
未払法人税等
前受金
賞与引当金
役員賞与引当金
ポイント引当金
工事損失引当金
その他

20,171
2,367
11,119
4,855
17
15
1
4,236

17,588
1,267
13,577
4,812
17
7
7
4,260

流動負債合計

42,785

41,538

固定負債
退職給付引当金
資産除去債務
その他

15,746
145
658

15,727
146
841

固定負債合計

16,550

16,715

59,335

58,253

資産合計

負債合計

- 7 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

当第2四半期連結会計期間
(平成24年9月30日)

9,670
10,161
57,237
△1
77,067

77,563

△99
△25

株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定

9,670
10,161
57,733
△1

△95
△32

△125

- 8 -

77,435

136,277

純資産合計
負債純資産合計

△127

76,942

その他の包括利益累計額合計

135,689

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益及び包括利益計算書
(第2四半期連結累計期間)
(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日
至 平成24年9月30日)

売上高
売上原価

88,484
72,723

88,641
73,449

売上総利益

15,760

15,192

販売費及び一般管理費

12,150

11,580

3,610

3,612

30
1
148
117

33
1
135
51

296

221

9
16

31
12
69

9
12
732
12
79
846

3,837

2,987

68



営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
保険配当金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
固定資産廃棄損
システム移行費用
休止固定資産減価償却費
その他
営業外費用合計
経常利益
特別損失
災害による損失

68



税金等調整前四半期純利益

3,769

2,987

法人税等
過年度法人税等

1,533


1,130
269

四半期純利益

2,236

1,587

その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定

17
0

4
△6

その他の包括利益合計

17

△2

四半期包括利益

2,254

1,584

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

2,254


1,584


特別損失合計

- 9 -

NECフィールディング㈱ (2322) 平成25年3月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
のれん償却額
貸倒引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
役員賞与引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
ポイント引当金の増減額(△は減少)
工事損失引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
有形固定資産廃棄損
有形固定資産売

Origin: 平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

NECフィールディングの株価 »