平成24年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

1835 東鉄工業

 2012年02月08日13時00分


東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

○添付資料の目次
1.

当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2

(1) 連結経営成績に関する定性的情報 ………… 2
(2) 連結財政状態に関する定性的情報 ………… 3
(3) 連結業績予想に関する定性的情報 ………… 3
2.

サマリー情報(その他)に関する事項 ………… 4

(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ………… 4
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ………… 4
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ………… 4
3.

四半期連結財務諸表 ………… 5

(1) 四半期連結貸借対照表 ………… 5
(2) 四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 7
(3) 継続企業の前提に関する注記 ………… 9
(4) セグメント情報 ………… 9
(5) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 ………… 9
4.

補足情報 …………10
部門別対比表 …………10

-1-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、東日本大震災の影響により依然として厳しい状
況にあるなかで、景気は緩やかな持ち直し傾向にあるものと見られる一方、先行きについては、欧州の
政府債務危機等による海外景気の下振れリスクに加え、電力供給の制約や原子力災害の影響、さらには
円高やデフレの影響などの懸念材料が依然残っている状況です。
建設業界においては、政府建設投資は、大震災対応の補正予算等により増加が見込まれ、また、民間
建設投資についても、大震災後の停滞から持ち直し緩やかな回復基調にあるものと見られますが、民間
設備投資は、円高や海外経済の動向などにより今後下振れする可能性もあり、受注競争が一層激化する
なかで、業界全体の厳しい経営環境は依然続くものと考えられます。
このような状況のなかで、当社グループは、3ヵ年の中期経営計画の最終年度を迎え、目標達成に向
けた諸施策を推進中であります。
当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、大震災の影響などもあり、復旧関連工事以外の受
注が一時的に大幅に減少するなど、極めて厳しい受注環境となりましたが、前期繰越高に伴う鉄道関係
の土木工事、及び一時的な特殊要因として大震災復旧工事等の計上があり、売上高は、前年同期比
2,993百万円増加し53,658百万円となりました。
このような厳しい経営環境のなかで、不採算工事の徹底排除、原価管理の強化、種々のコストダウン
などに全社をあげて粘り強く取り組み、売上総利益は、前年同期比870百万円増加し7,415百万円となり
ました。また、貸倒引当金戻入額を販売費及び一般管理費に計上したことなどにより、営業利益は、前
年同期比1,161百万円増加の3,729百万円、経常利益は、前年同期比1,228百万円増加の4,074百万円、四
半期純利益は、前年同期比913百万円増加の2,408百万円となりました。
なお、中期経営計画の詳細につきましては、次のURLからご覧いただくことができます。
(当社ホームページ)
http://www.totetsu.co.jp
セグメントの業績は、次のとおりであります。なお、セグメントの売上高につきましては、外部顧客
への売上高を記載しております。
(土木事業)
受注高は40,091百万円(前年同期比17.3%減)、売上高は39,625百万円(前年同期比14.4%増)とな
りました。
売上高のうち工事進行基準による計上額は17,387百万円であり、次期繰越高は26,420百万円となりま
した。
セグメント利益は2,828百万円となりました。
(建築事業)
受注高は15,022百万円(前年同期比11.1%減)、売上高は13,342百万円(前年同期比12.6%減)とな
りました。
売上高のうち工事進行基準による計上額は7,382百万円であり、次期繰越高は9,501百万円となりまし
た。
セグメント利益は721百万円となりました。
(その他)
売上高は690百万円で、その主なものは不動産賃貸収入であります。
セグメント利益は178百万円となりました。
なお、各事業の詳細につきましては、補足情報をご参照ください。

-2-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

(2)連結財政状態に関する定性的情報
当第3四半期連結会計期間末における資産合計は前年度末比10,744百万円減少し、59,372百万円とな
りました。主な要因は、現金預金、完成工事未収入金等の減少であります。
負債合計は、前年度末比12,446百万円減少し、21,579百万円となりました。主な要因は、支払手形・
工事未払金等の減少であります。
純資産合計は、前年度末比1,702百万円増加し、37,793百万円となりました。
(3)連結業績予想に関する定性的情報
連結業績予想につきましては、当第3四半期連結累計期間の業績を踏まえ検討した結果、現時点で
は、平成23年5月23日発表の通期の予想について変更ありません。

-3-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。

-4-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
資産の部
流動資産
現金預金
受取手形・完成工事未収入金等
未成工事支出金等
繰延税金資産
その他
貸倒引当金

当第3四半期連結会計期間
(平成23年12月31日)

10,772,037
38,222,789
3,848,654
1,370,022
2,182,493
△414,454
55,981,542

13,632,673

70,116,924

-5-

7,186,070

14,135,381

資産合計

6,691,308
2,377,280
△1,882,518

7,297,443

固定資産合計

6,180,706
265,896

6,809,368
2,453,809
△1,965,734

投資その他の資産合計

45,739,960

6,426,407
411,530

流動資産合計
固定資産
有形固定資産
無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金

5,817,190
27,316,044
9,581,695
734,234
2,409,600
△118,805

59,372,634

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
負債の部
流動負債
支払手形・工事未払金等
未払法人税等
未成工事受入金
完成工事補償引当金
賞与引当金
工事損失引当金
災害損失引当金
その他

当第3四半期連結会計期間
(平成23年12月31日)

23,136,378
1,611,771
1,126,709
96,500
1,340,128
658,202
31,323
4,180,750

13,468,752
30,663
1,058,696
62,400
705,937
610,922
7,200
3,975,618

流動負債合計

32,181,764

19,920,190

固定負債
繰延税金負債
退職給付引当金
その他

75,879
549,633
1,218,968

71,249
441,005
1,147,011

固定負債合計

1,844,481

37,793,178

70,116,924

-6-

397,811

36,090,678

負債純資産合計

397,811

461,667

純資産合計

37,395,366

461,667

その他の包括利益累計額合計

2,810,000
2,350,582
32,387,615
△152,830

35,629,011

株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金

21,579,456

2,810,000
2,350,582
30,620,832
△152,403

純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

1,659,265

34,026,245

負債合計

59,372,634

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第3四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年12月31日)

売上高
完成工事高
付帯事業売上高

49,892,629
772,648

52,967,969
690,414

売上高合計

50,665,278

53,658,383

売上原価
完成工事原価
付帯事業売上原価

43,630,113
490,249

45,853,534
389,714

売上原価合計

44,120,363

46,243,248

売上総利益
完成工事総利益
付帯事業総利益

6,262,515
282,399

7,114,434
300,699

売上総利益合計

6,544,914

7,415,134

販売費及び一般管理費

3,976,533

3,685,469

営業利益

2,568,381

3,729,665

1,468
152,516
45,067
61,464
26,461

2,291
238,225
22,658
63,440
21,150

286,979

347,766

9,023
491

13
2,887

9,514

2,900

営業外収益
受取利息
受取配当金
持分法による投資利益
社宅料
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
その他
営業外費用合計
経常利益

2,845,845

4,074,531

特別利益
貸倒引当金戻入額
固定資産売却益

2,702
140




特別利益合計

2,842



18,790
107,779
46,258
36,932

9,940


15,274

209,761

25,215

税金等調整前四半期純利益

2,638,927

4,049,315

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

669,113
474,782

953,195
687,963

法人税等合計

1,143,895

1,641,159

少数株主損益調整前四半期純利益

1,495,032

2,408,156

四半期純利益

1,495,032

2,408,156

特別損失
固定資産除却損
投資有価証券評価損
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
その他
特別損失合計

-7-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信
四半期連結包括利益計算書
第3四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)
少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
持分法適用会社に対する持分相当額

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年12月31日)

1,495,032

2,408,156

△610,066
△3,698

△62,586
△1,269

△613,764

△63,855

四半期包括利益

881,267

2,344,300

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

881,267


2,344,300


その他の包括利益合計

-8-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

(3)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。

(4)セグメント情報



前第3四半期連結累計期間(自  平成22年4月1日  至  平成22年12月31日)
報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
土木事業

建築事業



その他
(注1)

合計

調整額
(注2)

四半期連結損益
計算書計上額
(注3)

売上高
外部顧客への売上高

34,627,923 15,264,706 49,892,629



50,665,278

806,588 △806,588



34,627,923 15,303,772 49,931,695 1,540,171 51,471,866 △806,588

50,665,278

セグメント間の
内部売上高又は振替高

セグメント利益

(注) 1







1,843,201

39,066

39,066

589,825 2,433,026

772,648 50,665,278
767,522

132,690

2,565,717

2,664

2,568,381

「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業及び環境事業等を
含んでおります。
セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

当第3四半期連結累計期間(自  平成23年4月1日  至  平成23年12月31日)
報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
土木事業

建築事業



その他
(注1)

合計

調整額
(注2)

四半期連結損益
計算書計上額
(注3)

売上高
外部顧客への売上高

39,625,592 13,342,376 52,967,969



53,658,383

767,475 △767,475



39,625,592 13,370,521 52,996,114 1,429,744 54,425,859 △767,475

53,658,383

セグメント間の
内部売上高又は振替高

セグメント利益

(注) 1





2,828,360

28,145

28,145

721,565 3,549,925

690,414 53,658,383
739,330

178,269

3,728,195

1,469

3,729,665

「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業及び環境事業等を
含んでおります。
セグメント利益の調整額1,469千円は、セグメント間取引消去5,095千円及び固定資産の未実現損益の調整額
3,625千円であります。
セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
-9-

東鉄工業㈱(1835) 平成24年3月期 第3四半期決算短信

4.補足情報
部門別対比表
【 受注高 】
区   分





















【 売上高 】
区   分


成 工


























付 帯 事 業 売 上 高
売 上 高 合 計

【 繰越高 】
区   分





















前四半期連結累計期間
百万円
48,464
16,906
65,370
2,896
鉄道
1,555
一般
1,341
62,474
鉄道
56,650
一般
5,823
65,370
鉄道
58,206
一般
7,164

構成比

前四半期連結累計期間
百万円
34,627
15,264
49,892
3,483
鉄道
417
一般
3,066
46,408
鉄道
39,968
一般
6,440
49,892
鉄道
40,386
一般
9,506
772
50,665

構成比

前四半期連結会計期間末
百万円
37,745
11,856
49,601
6,072
鉄道
2,250
一般
3,822
43,529
鉄道
39,393
一般
4,135
49,601
鉄道
41,643
一般
7,958

構成比

74.1%
25.9%
100.0%
4.4%
2.4%
2.0%
95.6%
86.7%
8.9%
100.0%
89.1%
10.9%

69.4%
30.6%
100.0%
7.0%
0.8%
6.2%
93.0%
80.1%
12.9%
100.0%
80.9%
19.1%



-10-

76.1%
23.9%
100.0%
12.2%
4.5%
7.7%
87.8%
79.4%
8.4%
100.0%
83.9%
16.1%

(百万円未満切捨て)
当四半期連結累計期間
構成比
百万円
40,091
72.7%
15,022
27.3%
55,114
100.0%
1,964
3.6%
鉄道
287
0.5%
一般
1,676
3.1%
53,150
96.4%
鉄道
46,044
83.5%
一般
7,105
12.9%
55,114
100.0%
鉄道
46,331
84.0%
一般
8,782
16.0%
(百万円未満切捨て)
当四半期連結累計期間
構成比
百万円
39,625
74.8%
13,342
25.2%
52,967
100.0%
3,148
5.9%
鉄道
1,182
2.2%
一般
1,966
3.7%
49,819
94.1%
鉄道
43,272
81.7%
一般
6,547
12.4%
52,967
100.0%
鉄道
44,454
83.9%
一般
8,513
16.1%
690

53,658

(百万円未満切捨て)
当四半期連結会計期間末
構成比
百万円
26,420
73.5%
9,501
26.5%
35,922
100.0%
4,721
13.1%
鉄道
2,275
6.3%
一般
2,446
6.8%
31,200
86.9%
鉄道
26,716
74.4%
一般
4,483
12.5%
35,922
100.0%
鉄道
28,991
80.7%
一般
6,930
19.3%


Origin: 平成24年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

東鉄工業の株価 »